非常に珍しい「双頭ガメ」が誕生
非常に珍しい「双頭ガメ」が誕生 / Credit: Cape Wildlife Center/Facebook
animals plants

珍しい「双頭ガメ」の赤ちゃんが誕生!健康に成長中

2021.10.14 Thursday

Rare conjoined turtles hatched in Massachusetts https://www.livescience.com/two-headed-turtle-hatchling-massachusetts

アメリカ北東部・マサチューセッツ州の野生生物センターで、頭が2つ、体が1つに結合したカメが孵化しました。

奇形個体は一般に体への負担が大きく、生後すぐに亡くなることがほとんどですが、幸運にも、双頭のカメは元気に育っているとのこと。

詳細は、ニューイングランド・ワイルドライフ・センター(NEWC)ケープ・コッド支部のFacebookに掲載されています。

異常もなく、順調に成長中

本種は「キスイガメ(学名:Malaclemys terrapin)」というヌマガメ科に属し、アメリカに広く分布しています。

双頭ガメの赤ちゃんは、マサチューセッツ州南東部の町バーンズタブルの保護営巣地で孵化しました。

野生生物センターが2週間ほど前から世話をしていますが、Facebookの投稿によると、双頭ガメは「とても警戒心が強く、明るく活発に動き回っている」とのことです。

マサチューセッツの保護営巣地で孵化した双頭ガメ
マサチューセッツの保護営巣地で孵化した双頭ガメ / Credit: Cape Wildlife Center/Facebook

また「この稀な状態の動物は、必ずしも長く生きられるわけでも、質の高い生活を送れるわけでもありませんが、このオスの兄弟は私たちに楽観的になれる理由を与えてくれました」と続けています。

双頭(bicephaly)という奇形症は、遺伝的あるいは環境的な因子が胚の発育に影響を与えることが原因です。

過去に、バージニア州で捕獲された双頭の毒ヘビ、ミネソタ州で発見された双頭シカの遺骸、北海で捕獲された双頭のネズミイルカなどの例があります。

しかし、どの個体も長くは生きられませんでした。

2019年に捕獲された双頭ヘビの個体
2019年に捕獲された双頭ヘビの個体 / Credit: Bob Zappalorti/Herpetological Associates(livescience, 2019)

同センターでは、双頭ガメの体や健康状態を調べるために、CTスキャンを行いました。

その中で、カメには2本の背骨があり、それが尻尾に近い体の下方で合体していることや、3本の足をうまくコントロールして移動していることが分かっています。

孵化してから数日間は、同じ卵黄から栄養を摂っていました。

また、消化管のX線写真で可視化できる白粉の餌を与えることで、それぞれのカメが別の消化管を持っていることも明らかになっています。

片方の消化管の方が少し発達しているようですが、どちらのカメも十分な量を食べて、正常に消化しています。

水中での泳ぎのテストでは、2匹の兄弟が呼吸のために水面への上昇を協調できることが分かりました。体重も順調に増えているようです。

研究員は、次のように述べています。

「2匹の頭の中を覗くことはできませんが、彼らは互いに協力して環境中をナビゲートしているようです。

私たちは、カメがもう少し大きくなったらCTスキャンをして、彼らが共有している内臓や体内の構造についてもっと知りたいと考えています」

なんとか、このまま元気に育ってほしいものですね。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!