ラーテル
ラーテル / credit:WallpaperAccess
animals plants

2021.10.23 Saturday

世界最強の陸上生物「ラーテル」の正体とは? (2/3)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

鉛を金に変える! 核変換を使った現代の錬金術はなぜ誰も使わないのか?

前ページラーテルの分類・生態

<

1

2

3

>

ラーテルが最強と恐れられる理由は?

「怖いもの知らずの動物」のイメージ
「怖いもの知らずの動物」のイメージ / credit:いらすとや

せっせか動き回り、手当たり次第に獲物を襲うラーテルですが、ギネスブックでは「世界一恐れを知らない動物」と認定されています。

決して無鉄砲なわけでなく、恐れを知らない理由はきちんとあります。

ラーテルは主に7つの武器を持っているので、自然と自信満々になってしまったんです。

①分厚く丈夫な毛皮

②伸縮性、柔軟性に富んだ皮膚、身体

③蛇毒へ耐性があり、毒蛇を捕食しても数時間動きが止まるだけ

④肛門付近の臭腺から、くさい臭いをジェット噴射できる

⑤耳障りなうなり声

⑥四肢にある発達したカギ爪での攻撃

⑦獰猛、攻撃的、ズル賢い、したたかな性格

以上の武器を駆使し、ジャイアントキリングを達成することもあるんだとか。

ラーテルの主要な武器である皮膚について、どんな機能があるのか解説していきます。

皮膚や身体の丈夫さ、伸縮性、柔軟性について

噛まれている人
噛まれている人 / credit:いらすとや

まずはラーテルが持つ武器のうち、最大の武器と言われている「皮膚鎧」について解説します。

ラーテルの皮膚は分厚くなっており、猛獣の牙、爪が簡単には貫通しません。

しかし硬いだけでは、噛みつかれたままくわえられて、捕まってしまうことがあります。

そこで、ラーテルは背後からライオンなどに背中を噛みつかれた際、背中の皮膚を柔軟に伸ばし、クルッと完全に後ろ(ライオンの顔面の方)を振り返ることができるんです。

振り返ったということは、することは「逃げ」ではなく「反撃」であり、ラーテルはそのまま怒りの矛先をライオンに向け、顔面に噛みつきます。

多くの猛獣の顔面の弱点の1つは鼻ですから、ラーテルはライオンから離れることができます。

さあ、あとは逃げるだけ!…と思いきや、ラーテルは逃げずに攻撃に転じてしまいがちなんです。これには、ラーテルの性格が関係しています。

性格について

ラーテルは、武器をたくさん持ち自分が強いことを自覚しているため、大抵の小型動物が恐れる大型獣、人、毒蛇にも一切怯まず挑んでいきます。

「最強かつ最恐」の性格であるラーテルは、大型獣や毒蛇に襲われた際に自ら攻撃しに行きます。

多くの動物は、自身より目線の高い動物、毒を持つ動物を恐れますが、ラーテルにはその常識が一切通じません。

小さなラーテルが、尾を高くあげながら、大きなライオンにズンズン挑んでいく映像は衝撃的です。

小さなチワワが家族を守るために懸命に吠える姿に、感動を覚えることはありますが、ラーテルはそうではありません。

ラーテルは大抵の場合「自分の気が済まないから戦いを挑んでいる」のです。

ラーテルはしょっちゅう歯をむき出した表情をしていますが、それはこういった獰猛な性格からでしょう。性格は顔に出るとはよく言ったものです。

威嚇するラーテル
威嚇するラーテル / credit: WallpaperAccess

また、ラーテル自身が死んだふりをして相手の隙をついたり、わざと相手の急所(睾丸など)だけを狙って攻撃することもあります。

子ライオンにはラーテル自身から向かっていくものの、大人のライオンが来たら逃げ腰になり、また子ライオンだけになると向かっていく…といような、ズル賢こく、したたかさな性格も持ち合わせています。

さらには、繁殖期になると、その性格はより獰猛になるんです。

余談ですが、ラーテルの名が戦闘車、銃、ロック商品の名前、モチーフに起用されることもありますが、これはラーテルの「最強さ」にあやかってのものなのです。

鳥との協力関係を結んでいる

最強かつ最恐と恐れられるラーテルですが、その好物は可愛らしく「ハチミツ」でした。そのハチミツの獲得方法がとても独特なんです。

ハチミツの獲得にはミツオシエ(英名:ハニーガイド)という鳥の存在が欠かせません。

ミツオシエはハチの巣を見つけると鳴き声をあげ、ラーテルをその在処まで先導します。

そして到達したラーテルは、力任せにハチの巣をぶっ壊します。

ミツオシエ(別名:ハニーガイド)
ミツオシエ(別名:ハニーガイド) / Credit: wikipedia

自分自身ではハチの巣を壊す腕力のないミツオシエですが、ラーテルが壊してくれた後、おこぼれのハチミツ、ハチの幼虫にありつくことができます。

こういった、相互に利益のある関係を「共生」といいますが、まさにラーテルとミツオシエは共生関係なのですね。

次ページラーテルには天敵がいない

<

1

2

3

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!