ペットボトルを食べて生分解性プラを作る超便利菌が存在すると判明!
ペットボトルを食べて生分解性プラを作る超便利菌が存在すると判明! / Credit:奈良先端科学技術大学
fungi

ペットボトルを「生分解性プラスチック」に分解する超便利な菌が発見される (3/3)

2024.06.19 Wednesday

2021.10.21 Thursday

前ページPETの分解物は人間や動物が健康食品として食べれる

<

1

2

3

>

I.サカイエンシスがマイクロプラスチック問題の切り札になるかもしれない

I.サカイエンシスがマイクロプラスチック問題の切り札になるかもしれない
I.サカイエンシスがマイクロプラスチック問題の切り札になるかもしれない / Credit:Canva . ナゾロジー編集部

今回の研究により、I.サカイエンシスはPETを分解して生分解性プラスチック(ポリヒドロキシ酪酸)を合成して溜め込む性質があることが示されました。

ポリヒドロキシ酪酸はプラスチックの性質を持つ一方でケトン体の重合化合物であり、私たち人間や動物の腸内細はこれを分解することでエネルギーを得て活性化することができます。

また分解してできたケトン体が腸から吸収されることで、人間や動物はケトン体をとるのと同じ効果を得ることが可能になります。

現状においてはI.サカイエンシスをPET処理の要として工業的に用いるには力不足ですが、改良が進めば、PETから健康食品が生産される日が来るかもしれません。

またI.サカイエンシスをマイクロプラスチックの汚染が深刻な湖などで繁殖させることができれば、生分解性プラスチックを経て、完全に分解できる可能性もあります

プラスチックまみれの世界で進化した生物が、プラスチック問題を解決する切り札になるかもしれません。

<

1

2

3

>

コメントを書く

※コメントは管理者の確認後に表示されます。

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

Amazonお買い得品ランキング

菌のニュースfungi news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!