1億年前の琥珀中に見つかった完全なカニの化石
1億年前の琥珀中に見つかった完全なカニの化石 / Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021)
paleontology

1億年前の琥珀に「現代カニとして最古の化石」を発見

2021.10.21 Thursday

Entombed in amber, this tiny crab hails from the age of dinosaurs https://www.popsci.com/science/oldest-crab-fossil-ever-amber/ Researchers discover first dinosaur era crab fully preserved in amber https://phys.org/news/2021-10-dinosaur-era-crab-fully-amber.html
Crab in amber reveals an early colonization of nonmarine environments during the Cretaceous https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abj5689

樹脂からできる琥珀(こはく)には、しばしば、昆虫や爬虫類の化石が保存されています。

ごくまれに水棲生物の化石も見つかりますが、陸上生物がほとんどです。

しかしこのほど、アメリカ・中国の国際研究チームにより、ミャンマー産の約1億年前の琥珀に、恐竜時代の完全なカニの化石が発見されました。

今日ある姿のカニの化石としては、最古かつ初めてとのこと。

研究は、10月20日付けで学術誌『Science Advances』に掲載されています。

カニは恐竜時代に、すでに陸地に進出していた?

現代と同じ形をしたカニとしては、最古にして初の化石
現代と同じ形をしたカニとしては、最古にして初の化石 / Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021)

カニ(Brachyura)は、甲殻類の代表的なグループであり、驚くべき形態の多様さ、種の豊富さで知られています。

海や川、洞窟、木の上など、世界中のあらゆる場所に分布しており、水中と陸地に何度も進出できた数少ないグループです。

カニの化石記録は、2億年以上前のジュラ紀初期にまで遡ります。

一方で、海水性の化石ばかりが目立ち、そのほとんどが甲羅や脚のかけらに限定されていました。

しかし、今回発見されたカニは、全身が完璧に保存された貴重な化石です。

研究チームは、新種の学名を「クレタプサラ・アタナタ(Cretapsara athanata)」と命名しています。

属名は、白亜紀(Cretaceous)に生息していたことと、インド神話に登場する水の精・アプサラー(Apsara)に由来。

種小名は、琥珀の中に「時が止まった」かのように保存されていることにちなんで、「不滅」を意味する「athanatos」に由来しています。

非常に小さいので幼生と見られる
非常に小さいので幼生と見られる / Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021)

チームは、マイクロCTを使って、琥珀中の化石を3次元的に復元しました。

それにより、細かい毛で覆われた触角や口先などの繊細な組織を含む、カニの全身をくまなく観察できました。

甲羅の幅が2ミリ、脚の長さが5ミリであることから、幼生期にあると思われます。

驚くことに、発達したエラの存在も確認することができました。

それゆえ、本種は、水生動物か半水生動物であると推測されます。

しかし、木の皮でできる琥珀に、水辺の生物が保存されることはほぼありません。

研究主任で、ハーバード大学(Harvard University・米)の生物学者、ジャヴィア・ルケ(Javier Luque)氏は「化石を調べれば調べるほど、このカニがいろいろな意味で非常に特別な存在であることが分かってきました」と話します。

CTスキャンにより3D上で復元
CTスキャンにより3D上で復元 / Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021)

生物が水中で呼吸するには、エラが必要です。

カニは恐竜時代から少なくとも12回、単独で海水から汽水(海水と淡水の中間)、淡水、陸地へと進出しました。

その際に、エラ呼吸を陸上生活にも適応させたのでしょう。

現代のカニも陸上でエラ呼吸を使っており、体内に水をため込み、その水に溶けた酸素をエラ呼吸で取り込みます。

陸上で泡を吹くのは、体内の水を空気に触れさせて酸素を吸収するためです。

吹いた泡は、ちゃんと体内に戻しています。

「クレタプサラ・アタナタ」の復元イメージ
「クレタプサラ・アタナタ」の復元イメージ / Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021)

不思議なのは、クレタプサラ・アタナタが陸地でのエラ呼吸を行なっていたと思われる点です。

化石記録によると、非海洋性のカニは5000万年前に進化したとされていますが、クレタプサラ・アタナタは、その2倍の年齢に達します。

つまり、1億年前にはすでに、現代種につながる陸地への適応進化がカニの中で起こっていたと考えられるのです。

ルケ氏は、次のように述べています。

「実際、カニが陸地や淡水域に侵入したのは、哺乳類の時代ではなく、恐竜の時代であったのかもしれません。

今回発見されたカニは、その化石記録のギャップを埋め、非海洋性のカニの進化を大幅に更新する存在となるでしょう」

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

古生物のニュースpaleontology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!