勝手に逆回転する不思議コマ「ラトルバック」の原理の超簡単説明
勝手に逆回転する不思議コマ「ラトルバック」の原理の超簡単説明 / The Art of the Celt
physics

勝手に逆回転するコマ「ラトルバック」の不思議な原理とは (3/3)

2021.10.27 Wednesday

前ページラトルバックの回転が逆転する原理の超簡単な説明

<

1

2

3

>

反転が繰り返される場合がある

非対称な構造を持つコマ「ラトルバック」が逆回転するのは、逆回転に必要なエネルギーを振動エネルギーとして蓄えていたからでした。

しかしラトルバックの研究では、左右の反転を何度も繰り返すケースが古くから何度も報告されています。

最近の例では、スプーンのような非対称な底面を持つものを改造して(柄をまげて)強引にラトルバックにした場合などに、反転の繰り返しがみられます。

柄を曲げられて作られたラトルバックは三次元的な構造をしているため、複数種類の振動と複数の回転の間に、エネルギーの複雑な授受が起こり結果として繰り返し反転が可能になったのかもしれません。

ラトルバックには、見かけの単純さに似合わない物理学が存在します。

例えば回転軸の歳差運動はジャイロスコープの基礎であり、回転する物体にかかる効果は天体学にも利用可能です。

古代から人類を魅了してきたラトルバックは、これから先も、物理学者たちのさまざまな挑戦を受けるでしょう。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

物理学のニュースphysics news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!