寝る前の音楽は睡眠の質を下げる
寝る前の音楽は睡眠の質を下げる / Credit:Depositphotos
brain

寝る前に音楽を聴くと脳がメロディを処理し続けて睡眠の質が下がる可能性がある

2021.11.09 Tuesday

Study finds listening to music before bed can worsen your sleep by inducing long-lasting earworms https://www.psypost.org/2021/11/study-finds-listening-to-music-before-bed-can-worsen-your-sleep-by-inducing-long-lasting-earworms-62077
Bedtime Music, Involuntary Musical Imagery, and Sleep https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797621989724

「寝る前に音楽を聴いてリラックスしたい」という人は多いかもしれません。

ところがアメリカ・ベイラー大学(Baylor University)心理神経科学科に所属するマイケル・スカリン氏ら研究チームは、就寝前の音楽は睡眠の質を低下させる可能性があると発表しました。

寝る前に音楽を聴くと睡眠中も脳がメロディを処理し続けるため、睡眠が浅くなり夜中に目が覚めてしまうのです。

研究の詳細は、6月9日付の学術誌『Psychological Science』に掲載されました。

音楽が頭にこびりつく「イヤーワーム」現象

頭のメロディが残る「イヤーワーム」現象
頭のメロディが残る「イヤーワーム」現象 / Credit:Depositphotos

ほとんどの人が、「CMのテーマ曲が頭から離れない」など、聴いた音楽が頭にこびりつき何度もリピートされるという経験をしたことがあるでしょう。

まるで耳の中に音楽の寄生虫がとりついたように感じられるため、この現象は「イヤーワーム(Earworm=耳の虫)」と呼ばれています

特にシンプルでキャッチ―なメロディ、歌詞付きの楽曲、特徴的なビートやリズムの音楽はイヤーワームを発生させやすいようです。

そして近年、音楽業界ではイヤーワームを起こしやすい明るい曲が主流となっています。

しかも若者たちは、ワイヤレスイヤホンやスマホを使って、かつてないほど音楽を聴いているのです。

当然、就寝前に音楽を聴く人も多く、これによって寝る前や朝起きたときでも音楽が頭から離れないケース(睡眠時のイヤーワーム)が生じています。

これが睡眠の質になんらかの影響を及ぼしている可能性は大いにありますね。

そこで研究チームは、これらの点を調査するため、睡眠前の音楽と睡眠の質の関連性を調査することにしました。

次ページ寝る前の音楽は、睡眠の質を低下させる

<

1

2

3

>

脳科学のニュースbrain news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!