レーシングeVTOLによるテストレース
レーシングeVTOLによるテストレース / Credit:Airspeeder(YouTube)_The first ever electric VTOL drag race | Airspeeder’s EXA Series(2021)
technology

「空のF1」2機のレーシングeVTOLによるテストレースが開催される

2021.11.10 Wednesday

Australia Just Hosted the World’s First Drag Race Between Two Flying Cars https://interestingengineering.com/australia-just-hosted-the-worlds-first-drag-race-between-two-flying-cars?utm_source=rss&utm_medium=article&utm_content=04112021

近年、「空飛ぶクルマ」と称される小型の電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発が盛んに行われています。

最近では、eVTOL開発メーカー「Alauda Aeronautics」が史上初のレーシングeVTOLを開発し、2機によるテストレースを成功させました。

しかも2022年には、子会社である「Airspeeder」によって「空のF1」であるeVTOL国際レースシリーズが開催される予定です。

スター・ウォーズのポッドレースのような興奮が味わえるかもしれません。

eVTOLのテストレースを実施!最速を競い合う「空のF1」はもうすぐ!

レーシングeVTOL「Mk3」
レーシングeVTOL「Mk3」 / Credit:Alauda Aeronautics

Alauda Aeronautics社が開発したeVTOL「Mk3」は、レーシング用の空飛ぶクルマです。

まるでレーシングカーのように洗練されたフォルムと、タイヤの代わりに装着されたローターが印象的ですね。

Mk3の重量は100kgであり、電動ながら最高速度201km/hで飛行できると言われています。

人間1人が入れそうなサイズではありますが、実際にパイロットが搭乗することはなく、遠隔操縦でレースが進みます。

地上に設置されたコクピットから操縦
地上に設置されたコクピットから操縦 / Credit:Airspeeder(YouTube)_Filming Flying Cars with RED Cinema(2021)

パイロットは地上コクピットから、安全のうちに白熱したレースに参加できるというわけです。

ただし将来的には、実際にパイロットが機体に乗り込んでレースすることも想定されているのだとか。

テストレースの様子
テストレースの様子 / Credit:Airspeeder(YouTube)_The first ever electric VTOL drag race | Airspeeder’s EXA Series(2021)

さて、eVTOLの国際レースが開催されるのは2022年のことですが、それに先立って史上初のテストレースが開催されました。

2つのチームがそれぞれMk3を遠隔操作し、300mの直線レーンのタイムを競い合ったのです。

その結果、片方のMk3が155km/hの速度を維持して飛行し、勝利をつかみました。

空を高速飛行するMk3
空を高速飛行するMk3 / Credit:Airspeeder

今回は「砂漠の直線」というシンプルなコースでした。

今後、カーブや障害物ありのコースでテストできるなら、パイロットの技術や戦略が生かされることでしょう。

また、もっと多くのチームで競い合うなら、さらに熱い展開が見込めるはずです。

2022年までには10のチームが参入予定なので、現在のF1のように、各社の機体性能やパイロット技術の差を楽しめるかもしれませんね。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!