ネコは飼い主の居場所を把握している
ネコは飼い主の居場所を把握している / Credit:Depositphotos
animals plants

ネコは飼い主の位置を追跡し続けている (2/2)

2021.11.14 Sunday

前ページ見えない対象を追跡・把握するトラッキング能力

<

1

2

>

ネコは飼い主の位置を把握できていた

実験には、合計50匹の飼い猫が参加。

まずドアと窓があるテストルームにネコを1匹ずつ配置します。

ドアと窓は4m離れており、それぞれにスピーカーが設置されました。

数秒後に別の方向から飼い主の声が聞こえてきたら?
数秒後に別の方向から飼い主の声が聞こえてきたら? / Credit:高木 佐保(京都大学)_Socio-spatial cognition in cats: Mentally mapping owner’s location from voice(2021)

そして実験が開始されると、スピーカーから次のパターンで音声を流し、ネコの反応を観察しました。

  1. ドアから飼い主の音声が流れ、その2.5秒後、再び同じドアから飼い主の音声が流れる
  2. ドアから見知らぬ人の音声が流れ、その2.5秒後、再び同じドアから見知らぬ人の音声が流れる
  3. ドアから飼い主の音声が流れ、その2.5秒後、今度は窓から飼い主の音声が流れる
  4. ドアから見知らぬ人の音声が流れ、その2.5秒後、今度は窓から見知らぬ人の音声が流れる

50匹分の実験を繰り返した結果、①②④のケースでは、ネコは特に驚いた様子を見せませんでした。

ところが、③のケースだけ、ネコは強く驚いた様子を見せたのです。

このことは、ネコが飼い主の声を聞き分け、その位置を追跡・把握する能力があることを示唆しています。

ネコからすると、「ドアの向こうにいた飼い主が、窓の外へテレポートしたように感じた」ことでしょう。

ネコは飼い主のことを気にしていないようで、実は居場所まで把握している
ネコは飼い主のことを気にしていないようで、実は居場所まで把握している / Credit:Depositphotos

また別の実験では、スピーカーからネコの音声や電子ノイズを流しましたが、ネコがそれらの「音声テレポート」に強く驚くことはありませんでした。

高木氏は、ネコの音声に反応しなかった理由について、「ネコ同士の識別は声ではなくニオイなのかもしれない」と推測しています。

さて、今回判明したネコのトラッキング能力からすると、飼い猫は私たちの居場所をいつも把握していると言えます。

しかし、これまで飼い猫たちは、私たちの存在を気にするようなそぶりをあまり見せてきませんでした。

新しい研究によって、ネコたちのツンデレ具合がますます暴かれているようです。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!