温暖化でアマゾンの鳥たちに異変が起きつつある
温暖化でアマゾンの鳥たちに異変が起きつつある / Credit: jp.depositphotos
animals plants

温暖化の影響で、アマゾンの鳥は体が縮んでいる (2/2)

2021.11.15 Monday

前ページ体は小さくなり、翼は長くなる

<

1

2

>

長くなる翼は「飛行能力」を保つため?

翼面荷重(よくめんかじゅう)とは、鳥や飛行機の翼に加えられる単位面積あたりの重さのこと。

これを踏まえて、研究主任のビテック・ジリネック(Vitek Jirinec)は、次のように説明します。

温暖化の下で、体を小型化することは理論的に有利ですが、翼の長さの増大については説明が困難です。

しかし考えてみれば、翼を長くして質量比を小さくすることで、より効率的な飛行が可能となります。

これは、スリムなボディと長い翼を持つグライダーが、より少ないエネルギーで空を滑空できるのと同じ原理です。

反対に、翼の質量比が大きい鳥は、空中にとどまるために速く羽ばたく必要があり、多大なエネルギーの消費と、より多くの代謝熱を生み出してしまいます」

つまり、小型化しつつ、翼を長くすることは、高い飛行能力を保つ上で理にかなっているのです。

熱帯林に生息するスミレコンゴウインコ(※本研究で撮影された画像ではありません)
熱帯林に生息するスミレコンゴウインコ(※本研究で撮影された画像ではありません) / Credit: jp.depositphotos

それと同時に、研究チームは「こうした変化が、進化的圧力に伴う遺伝子の変化によるものか、利用可能な資源に応じた成長パターンの違いによるものかは、まだ判断できない」と付け加えています。

ジリネック氏自身は「どちらの可能性もあるが、生物の進化が短いスパンで生じることを示す証拠に変わりはない」と話します。

また、「最大の収穫は、人の手から遠く離れた熱帯雨林の中心部で、温暖化による異変が確認できたこと」と続けました。

温暖化は今後、ますます深刻化すると予想され、生物がどれだけ対応できるかは未知数です。

こうした異変は間違いなく世界中で起こりつつあり、鳥類だけの問題ではありません。

果たして、人を含む生物たちは、温暖化の危機を乗り越えることができるのでしょうか。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!