テストステロンがあきらめない力を与える
テストステロンがあきらめない力を与える / Credit:Depositphotos
psychology

2021.11.28 Sunday

男性ホルモン「テストステロン」が不屈の心を与えていた (2/2)

前ページあきらめたくなる戦い

<

1

2

>

テストステロン値が高いと負け続けてもあきらめない

テストステロンがあきらめやすい状況でも力をくれる
テストステロンがあきらめやすい状況でも力をくれる / Credit:Depositphotos

実験には88人の男性が参加し、テストステロン150mgもしくは偽薬(プラセボ)が投与されました。

そして彼らは「ボタンを押して電球を相手より先に点灯させる」という簡単なゲームにチャレンジしました。

ただしボタンを押すと確率で電球が点灯するようになっており、その確率の違いで実力を発揮しやすいゲームかそうでないかが分かれます。

ほぼ100%の確率で点灯するのであれば、実力が反映されやすい「単純な早押しゲーム」になります。

対して50%以下の確率で点灯するような場合は、実力が反映されにくい「運ゲー」になるわけです。

そして次の4つのグループに分けられました。

  1. 実力を発揮しやすいゲーム+テストステロン
  2. 実力を発揮しやすいゲーム+プラセボ
  3. 実力を発揮しにくいゲーム+テストステロン
  4. 実力を発揮しにくいゲーム+プラセボ

グループに関係なく参加者全員には、「対戦相手のいるゲーム」だと伝えています。

ところが実際の相手はコンピュータであり、参加者が必ず負け続けるように操作されていました。

そしてそれぞれのグループで、男性たちが勝負にどれだけ挑み続けるか調査したのです。

その結果、③の男性は、④の男性に比べて2倍の時間をゲームに費やしました。

さらに③のゲーム時間は、①②の男性のゲーム時間と同等だったのです。

通常であれば、実力を発揮しにくい③④の男性両方がすぐにあきらめてしまうはずですが、③の場合はテストステロンの投与が、その「あきらめやすい状況」のマイナス効果を打ち消したと言えますね。

また①②のゲーム時間が同等だったことから、テストステロンは「いつでも持続力をアップさせる」ものではなく、「モチベーションの低さを改善する」ものだと考えられます。

テストステロンの効果をリハビリに応用できるかもしれない
テストステロンの効果をリハビリに応用できるかもしれない / Credit:Depositphotos

研究チームは、今回の結果をリハビリなどに役立てられると考えています。

リハビリは地道な反復トレーニングが求められるにもかかわらず、その成果がすぐには表れません。

そのためテストステロンによる「あきらめない力」が助けとなるのです。

また一般的には、食事や生活習慣でテストステロン値をアップさせられると考えられています。

逆境や地道な作業が必要な場面でも「あきらめない男」でいたいなら、テストステロンを意識していると良いのかもしれませんね。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!