赤ちゃんに「牛乳」を与えてはいけない理由とは?
赤ちゃんに「牛乳」を与えてはいけない理由とは? / Credit: canva
education
Why can’t babies drink cow’s milk? https://www.livescience.com/why-no-cows-milk-for-babies

2022.07.30 Saturday

生後1年未満の赤ちゃんに「牛乳」を与えてはダメな理由

牛乳は一般に、離乳食の材料としてなら生後6〜8か月、飲み物としてなら生後1年を過ぎてから与えられます。

しかしそれ以前に、赤ちゃんに牛乳を与えるのは危険です。

母乳や粉ミルクで育つ赤ちゃんが、なぜ牛乳を飲んではいけないのでしょうか?

牛乳が赤ちゃんの体に与える化学的な影響から解説していきます。

「牛乳」は人の赤ちゃん用には作られていない

「牛乳」は乳児用には作られていない
「牛乳」は乳児用には作られていない / Credit: canva

米シンシナティ小児病院(CCH)のジェイ・キム(Jae Kim)氏は、大前提として、「母乳は人の赤ちゃんのために作られるのに対し、牛乳は子牛のために作られる違いがある」と話します。

そのため、牛乳には人の赤ちゃんが消化しにくいタンパク質が含まれており、加えて、発育に必要なビタミンや鉄分などのミネラルが不足しているのです。

乳児用の粉ミルクは牛乳を原材料としますが、赤ちゃんが消化できないタンパク質は一度取り除き、母乳に含まれる成分に近づけてから、乳児に必要な栄養素も加えて粉ミルクにします。

ですから、最終的な粉ミルクは、日々飲んでいる牛乳とはまったく違うのです。

牛乳の安全な摂取には「体内の成熟」を待つ必要がある

乳児の腸や腎臓、免疫系が、牛乳に含まれるタンパク質などを安全に許容できるようになるには、ある程度の成熟期間が必要になります。

米国小児科学会(AAP)によれば、牛乳に含まれる高濃度のタンパク質とミネラルは「新生児の未熟な腎臓にストレスを与え、場合によっては、発熱や下痢を引き起こす可能性がある」という。

「そのため、生後1年の間は牛乳単体として飲むのを避けるよう強く勧めている」とキム氏は言います。

生後6〜8か月になると、大半の赤ちゃんは牛乳を摂取しても大丈夫ですが、一部ではまだ、牛乳に含まれる成分を遺物として認識し、アレルギー反応を起こす危険性があるという。

アレルギー反応によって、赤ちゃんの腸に炎症が起きたり、腸の粘膜に微細な出血が生じたりします。

それが結果として、赤ちゃんの体調不良や発育不全を引き起こしかねないので、注意が必要です。

牛乳はじめは慎重にゆっくりと

牛乳の飲み始めは注意が必要
牛乳の飲み始めは注意が必要 / Credit: canva

キム氏によると、アレルギー反応等のリスクは、ミルク以外の離乳食を摂取し始める生後6か月前後から低くなるといいます。

というのも、ミルクだけが栄養源ではなくなり、他の食物でも栄養分を摂取できるようになるからです。

さらに、生後6か月以上になると、赤ちゃんの腸や腎臓、免疫系が十分に成熟しているので、牛乳のタンパク質にも耐えられるようになります。

ただし、牛乳を与え始める際は、赤ちゃんの体にショックを与えないよう、ゆっくりと移行しなければなりません。

たとえば、選ぶ牛乳は成分無調整のふつうのもので、少量ずつ与えること

それから、ホットミルクは胃の中の温度を高く保ち、消化酵素の働きを促進するので、人肌に温めるが良いでしょう

また、牛乳に対する反応は個人差があるので、もし吐き戻しや下痢、発熱が起きれば、すぐに摂取をやめましょう。

キム氏によると、ひどい場合は、大腸炎を起こして便に血が混じったり、顔が腫れ上がったりするケースもあるようです。

しかし基本的には、生後8か月〜1歳を超えれば、大抵の赤ちゃんは牛乳を飲んでも問題ないでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

教育・子どものニュースeducation news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!