ブラジルで見つかった手の骨(ニュース映像のスクリーンショット)
ブラジルで見つかった手の骨(ニュース映像のスクリーンショット) / Credit: Event News – Jam Press/Leticia Gomez-Santiago(youtube, 2022)
animals plants
‘It looks like ET’s hand!’: Appendage with long bony fingers found on Brazilian beach sparks fears it belongs to an alien – but experts claim it’s from a whale or dolphin https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-11466519/Appendage-long-bony-fingers-Brazilian-beach-sparks-fears-belongs-alien.html Shocked couple discovers ‘alien hand’ on beach: ‘Looks like ET’s bones!’ https://nypost.com/2022/11/24/shocked-couple-discovers-alien-hand-on-beach-looks-like-e-t-s-bones/ Terrified couple find skeletal ‘alien’ hand on beach – and scientist says it’s not human https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/terrified-couple-find-skeletal-alien-28574080

2022.11.25 Friday

ブラジルの海岸で「悪魔の手」のような骨を発見!持ち主はあの生物?

今月20日、ブラジルの海岸にて、この世ならざる不気味な骨が見つかりました。

ある男女のカップルによって発見されたこの骨は人と比べてかなり大きく指の長い何かの手でした。

指は5本あるものの、それはまるでエイリアンの手を思わせます。

しかし、連絡を受けた海洋生物学者は、これが地球上のどの生物の骨であるかをすぐに明らかにできたようです。

この手の持ち主は、クジラやイルカを代表とするクジラ類(cetacean)だったのです。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

多くの人々が混乱した「モンティ・ホール問題」! 直感に逆らう確率問題の原因は?

クジラ類のヒレの中には「祖先の5本指」の名残りが

手の骨は11月20日、ブラジル南東部サンパウロ州のイーリャ・コンプリーダ(Ilha Comprida)にある海岸で発見されました。

レティシア・ゴメス・サンチャゴ(Leticia Gomes Santiago)さんとデバニール・ソウザ(Devanir Souza)さんのカップルは、浜辺を散歩していたところ、砂に埋もれた奇妙な異物に気付いたという。

それを掘り返してみると、非常に長い5本の指を持つ大きな手の骨が出てきたのです。

2人はすぐにその不気味な骨を携帯で撮影し、横にビーチサンダルを置いて、大きさを比べたりしました。

浜辺で見つかった手の骨(ニュース映像のスクリーンショット)
浜辺で見つかった手の骨(ニュース映像のスクリーンショット) / Credit: Event News – Jam Press/Leticia Gomez-Santiago(youtube, 2022)

サンチャゴさんは「まるでETの手のようで、何の動物のものか全く見当がつきませんでした」と話しています。

その後、2人は地元住民から「これは普通じゃないから、生物学者のところに持って行った方がいい」とアドバイスを受け、その地域の研究機関であるカナネイア研究所(IPEC)に連絡しました。

画像を見た海洋生物学者のエリック・コミン(Eric Comin)氏は、一目でそれをクジラ類(cetacean)の手の骨であると見抜いています。

よく知られている通り、クジラ類のヒレの中にはかつて陸上にいた四肢動物の祖先の名残りである5本の指の骨格が隠されています。

そのサイズからおそらく、クジラよりイルカの手の可能性が高いとし、骨の腐敗や分解具合から死後1年半は経過しているとコミン氏は指摘しました。

ただし、この骨がクジラ類のどの種のものかを特定するには、より詳細な分析が必要であると付け加えています。

履いていたビーチサンダルと比較(ニュース映像のスクリーンショット)
履いていたビーチサンダルと比較(ニュース映像のスクリーンショット) / Credit: Event News – Jam Press/Leticia Gomez-Santiago(youtube, 2022)

約5000万年前のクジラ類の祖先は、4つ足の大型犬ほどのサイズで地上に暮らしていました

当然ながら、そのときの手足は他の哺乳類と同じく、歩行に便利な5本指を持っていました。

この原始クジラとして知られる「パキケトゥス」は進化の過程で陸を離れ、少しずつ水中に適応し、最終的には完全な水中生活へ戻ったと考えられています。

全ての生命は海で誕生し、その一部が陸へと進出しましたが、そこから再び海に戻った点でクジラ類は、進化史において非常にユニークな位置を占めています。

海から陸に上がって、もう一度海に戻った生物は他に知られていません。

その後、クジラ類は水中生活の中で徐々に4つ足を失くし、ヒレを進化させたのですが、陸上時代の5本指はそのままヒレの中に残されました。

クジラ類のヒレは単に指に分かれた骨を持つだけでありません。ヒレの肉を落としていくと5本指の手が出てくるそうです。

クジラのヒレの中には「5本指の手」が残っていた 衝撃の写真を公開

 

今回ブラジルで見つかった骨も、何らかのクジラ類の遺体が腐食した後に残された手の骨格の一つと考えられますが、こうして海岸に流れ着いた手の骨だけを見るとさすがに驚いてしまいます。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

動物のニュースanimals plants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!