顔写真を肖像画に自動変換してくれるアプリ「AI Portraits Ars」が面白い

artificial-intelligence 2019/07/23
映画『グリース』のジョン・トラボルタ/Credit:futurism

Point

■顔写真を「ルネッサンス風の肖像画」に自動変換してくれるフェイス・アプリが開発される

■AI学習装置にルネッサンス期〜現代における約4万5千点の肖像画を学習させて、自動変換技術を実現

■砕けすぎた笑顔は認識されない(ルネッサンス期の肖像画家は大仰な表情を描くことがなかったため)

お顔がルネッサンスになってしまうアプリ「AI Portraits Ars」が、アメリカ・MIT(マサチューセッツ工科大学)とIBMの共同研究チームによって開発されました。

顔写真をルネッサンス風の肖像画に自動で変換してくれるもので、あの有名なミケランジェロやボッティチェリに似顔絵を描いてもらう気分が味わえます。

クオリティも申し分ない「イーロン・マスク」/Credit:futurism

からくりはAIの学習装置

研究チームは「敵対的生成ネットワーク(GANs)」というAIの学習装置を用いて、ルネッサンス初期から現代における約4万5千点の肖像画をAIに学習させました。それにより実写の顔を古典絵画風に変換する技術が可能になったとのこと。

アプリをダウンロードするだけで誰でも簡単に使用することができるので、ぜひお試しあれ。

AI Portraits Ars
https://aiportraits.com/

使い方もカンタン。

ダウンロードしたアプリを開いて「Click me(クリック・ミー)」というボタンを押し、あとは自撮りモードにして自分の顔を撮影するだけで、ルネッサンス風に自動変換してくれます。

『サイコ』のジャネット・リー/Credit:futurism

古典芸術家のタッチには様々なバージョンがありますが、その中からAIがランダムに選択してくれるようです。

こちらでは選択できないため、何度も試していればお気に入りの一枚が見つかるかもしれません。完成した写真はダウンロードして保存可能なので、お気に入りの一枚をアイコンにするのもありですね。

トランプ氏も抑え気味のスマイルに/Credit;thenextweb

それから歯を思いっきり見せたり、砕けすぎた笑顔はうまく変換されないようです。これはルネッサンス期の芸術家が大仰な表情を描くことがなかったため、変換データとして認識できないのだとか。

なのでアプリを試す際は、なるべくアルカイックスマイルで撮影してみましょう。

ついにAIが存在しない「全身像」を自動で作り出す

reference: futurismthenextweb / written by くらのすけ

SHARE

TAG

artificial-intelligenceの関連記事

RELATED ARTICLE