VRは強い時間圧縮効果を持つ可能性がある
VRは強い時間圧縮効果を持つ可能性がある / Credit:canva
psychology

ゲーム中、時間の流れ早すぎない? VRで「時間圧縮」効果が確認される (3/3)

2021.05.18 Tuesday

Virtual reality warps your sense of time(UCSC) https://news.ucsc.edu/2021/05/virtual-reality-time-compression.html
Time Compression in Virtual Reality https://brill.com/view/journals/time/aop/article-10.1163-22134468-bja10034/article-10.1163-22134468-bja10034.xml

VRで歪む時間感覚の謎

身体感覚は時間を測る重要な指標になっている。身体感覚の希薄なVRでは時間の感覚も希薄になってしまう。
身体感覚は時間を測る重要な指標になっている。身体感覚の希薄なVRでは時間の感覚も希薄になってしまう。 / Credit:canva

VR体験で時間圧縮を感じるという報告自体は以前からありました。

そのことを利用して、化学療法の患者が感じる治療時間を圧縮しようという研究もあります。

ただ、これらの研究は個人の感想に基づいていて、時間の間隔を定量評価したものはまだありませんでした。

「今回のはじめて、VRの時間圧縮がゲームをしているということだけでなく、何を見ているかというコンテンツの問題でもないことが明確になりました。

この時間圧縮効果に貢献している要因は、従来のモニターではなく、バーチャルリアリティであるという事実なのです

ミューレン氏は結果をそのように語っています。

このような効果が見られる理由については、まだ明確ではありませんが、ミューレン氏は論文の中でVRでは身体意識が希薄になることが原因の1つである可能性を指摘しています。

私たちは心拍など体のリズムに頼って、時間経過を把握しているという説があります。

VRでは自分の体を見下ろしても、そこには何もありません。簡単なモデルを表示することはあっても、それが自分の体として感じる人はいないでしょう。

VRでは体の感覚が鮮明でなくなるため、これが時間感覚を狂わせる要因になっているのかもしれません。

こうしたVRの時間圧縮効果は、先にあげた不快な治療時間の短縮や、長距離フライトの時間圧縮などで有用なものになる可能性があります。

ただ、研究者はこの効果がもたらすデメリットについても注意が必要だと語ります。

VRカジノなどは想定されるVRがもたらす危険性の1つとなる
VRカジノなどは想定されるVRがもたらす危険性の1つとなる / Credit:depositphotos

たとえばVRカジノのような没入型コンテンツは、時間を忘れて没頭する可能性があり、中毒症状と合わせて注意が必要な事例となるでしょう。

こうした効果が明確に研究から示されるようになれば、ゲームデザイナーはVRで定期的に時刻を知らせる仕掛けや、時計を表示するなど時間感覚を調整する仕組みを求められるようになるかもしれません。

ただ、現在のVRゲームは時間を忘れてやりすぎるという問題より、3D酔いのために長時間遊べないという意見のほうが多いので、それほど心配する問題はないかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!