1日7000歩で死亡リスクが50〜70%低下すると判明
1日7000歩で死亡リスクが50〜70%低下すると判明 / Credit: jp.depositphotos
health

1日7000歩で65歳以下の早期死亡リスクが50%以上さがると判明

2021.09.07 Tuesday

Study Suggests a New Number of Daily Steps For Health Benefits, And It’s Not 10,000 https://www.sciencealert.com/hitting-this-number-of-daily-steps-could-halve-your-risk-of-early-death-study-shows 7,000 Steps or More Lowers Risk of Mortality in Middle-Aged Adults; Walking as Simple Physical Activity To Keep Heart Beating https://www.sciencetimes.com/articles/33278/20210906/7-000-steps-more-lowers-risk-mortality-middle-aged-adults-walking-simple-physical-activity-keep-heart-beating.htm
Steps per Day and All-Cause Mortality in Middle-aged Adults in the Coronary Artery Risk Development in Young Adults Study https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2783711

ウォーキングと聞いて、多くの人が思い浮かべるのは「1日1万歩」という数字です。

これは健康増進に必要な1日の歩数の目標として、長年にわたり理想とされてきました。

しかし、「1日1万歩」はあくまで大まかな指標であって、具体的な研究から導き出された数字ではありません

それでは、健康増進の効果を得るには、1日にどのくらい歩けば良いのでしょうか?

マサチューセッツ大学アマースト校(University of Massachusetts, Amherst)は今回、その点に焦点を当てて調査をしました。

研究は、9月3日付けで学術誌『JAMA Network Open』に掲載されています。

1日7000歩で、死亡リスクが50〜70%も低下

本研究では、アメリカの4つの都市から募集された約2000人の黒人と白人の男女(38〜50歳)を対象としています。

被験者には、装着した加速度計を用いて、1日の歩数と歩幅を記録してもらいました。

毎日の歩数は、活動中の歩く強度や時間帯とともに、重要な情報となります。

追跡調査は2005年に開始され、2018年までに定期的に歩数データの収集と健康チェックが実施され、最終的に72名の被験者が亡くなっていました。

データの分析から、被験者は、1日の平均歩数が7000歩未満、7000~9999歩、1万歩以上の3つに分けられています。

また、歩数以外の指標として、年齢、性別、BMI、食生活、学歴、人種、喫煙・アルコール摂取量なども記録しました。

すべてを考慮した結果、1日の平均歩数が7000歩以上の人は、7000歩未満だった人と比べて、65歳以下の早期死亡リスクが約50〜70%低いことが判明したのです。

歩幅や歩くスピード、運動の強度は、この死亡率に影響していませんでした。

さらに重要な点として、1日あたりの歩数が1万歩を超えても、死亡率のさらなる低下や目立った健康増進には繋がっていませんでした。

研究チームの説明によると、運動不足の人が1日の歩数を増やすことで死亡リスクは下げられますが、ある時点(歩数)を過ぎると、少なくとも特定の結果(死亡率)に対しては有益な効果はない、とのことです。

歩数を大幅に増やしても効果は上がらない
歩数を大幅に増やしても効果は上がらない / Credit: jp.depositphotos

一方で、新たに設定された「1日7000歩」という基準値は、1万歩より達成しやすい目標であることは間違いありません。

本研究主任で、身体活動疫学者(physical activity epidemiologist)のアマンダ・パルーチ氏は「1日1万歩という数字に腰が引けて、目標の歩数を達成できていない人にとっては、勇気づけられる指標となるかもしれません」と話しています。

古代ギリシャの医師ヒポクラテスはかつて、「歩くことは、人類の最良の薬である」と言いました。

彼の提言は正しく、歩くことには、腰痛の緩和肺活量の増加消化機能の向上メンタルの安定糖尿病・心臓疾患のリスク低下、さらには、脳の活性化によるアルツハイマーの予防効果まで、あらゆるメリットが存在します。

しかも、もっともシンプルかつ簡単な運動であり、いつでも、どこでも、気軽に始められます。

まさに歩くことは、「お金のかからない万能薬」と言えるでしょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

健康のニュースhealth news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!