あなたのシャンプーは大丈夫? 避けるべき4つの有害物質

life 2018/06/18
Credit: Charisse Kenion on Unsplash

シャンプー選びの基準はなんでしょう?

値段ですか?香りですか?

選び方は人それぞれですが、なかなか裏の「成分表」をみて選ぶ人は少ないのではないでしょうか。しかし本当の意味での「ヘア・ケア」を考えると、そのひと手間が最も大事な行動になります。

実際に、店頭で販売しているシャンプーやトリートメントなどのヘア・ケア製品には、注意すべき多くの有害物質が使われている場合があるのです。ここでは4つの有害物質をご紹介。自分の使用しているシャンプーに含まれていないか、確認してみましょう。

 

1.パラベン

「メチルパラベン」や「プロピルパラベン」としてヘア・ケア製品に含まれることがあるこのパラベンは「防腐剤」の1種。これにより製品内の細菌の繁殖を防いでいます。しかし、この成分を「乳がん」と結びつけている研究もあります。その根拠はいまだ不明ですが、できるだけ避けたほうがよさそうです。

成分表の中では「プロピルパラベン」、「ベンジルパラベン」、「メチルパラベン」、「ブチルパラベン」といった表記を探しましょう。

最近では「パラベン・フリー」を謳う製品も流通しているようなので、注目してみてください。

2.ホルムアルデヒド

シャンプーに含まれる防腐剤の中には、「クオタニウム-15」や「DMDMヒダントイン」や「ブロノポール」などのホルムアルデヒドを放出する物質があります。ホルムアルデヒドは毒性が強く、発がん性物質としても有名。

吸い込んだり肌から吸収することにより、発がんの可能性をはじめ、皮膚炎やぜんそくなどのアレルギー症状も引き起こすこともあります。

これが含まれる製品が広く流通しているわけではありませんが、注意が必要です。

3.サルフェート(硫酸塩)

サルフェートは髪の状態を悪化させ、湿疹の原因となることも。安価な洗浄成分であるため、よく「ラウレス硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸ナトリウム」といった形でシャンプーなどに含まれています。

界面活性剤」として美容製品にも用いられており、基本的には水で洗い流すことができるもの。しかし洗浄成分であるため皮膚への刺激が強いのも確かです。

パラベン・フリーと同様に「サルフェート・フリー」を売りにする製品も多数存在するので、髪の状態や皮膚の炎症が気になる人はチェックしてみてください。

4.香料

「太陽の香り」「そよ風の香り」など最近のシャンプーのキャッチフレーズが示すように、多くのシャンプーには「香料」が使われています。香料には多量の「内分泌かく乱物質」が含まれているものもあり、それがアレルギー反応を引き起こすことがあります。

しかし、実際にはたいていのシャンプーには香料が含まれており、そこまで神経質になる必要はありません。とりわけ頭皮が敏感な人などは、注意したほうがいいかもしれません。

そんな人には、香料などを抑えた頭皮に優しい「低刺激シャンプー」などがオススメです。

 

「運動した」と思い込むことは実際の運動と同じくらい大事だった

瞑想やヨガは「DNAレベル」でストレスを抑える

効果があるのは「葉酸」サプリだけ!? カルシウムやビタミンCなどの人気サプリは効果がないと判明

「黒いプラスチック」に有害性を確認。最も懸念すべきはキッチン用品

 

via: independent / translated & text by なかしー

 

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE