血液中のがん細胞を見つけて「その場」で除去できるレーザー光線のテストに成功

technology 2019/06/14
Credit: E.I. Galanzha

Point

■皮膚の外から血中循環腫瘍細胞を見つけて除去するレーザー光線のテストに成功

■血中循環腫瘍細胞の数がわずかであってもそれを探知し、レーザー光線でそれらを破壊することが可能に

■新装置は、1時間あたり1リットルの血液をスキャンできる

血管やリンパに入り込み、別の臓器や器官に移動して増えるがん細胞。

University of Arkansas for Medical Sciences (UAMS)のチームが、血液中に循環しているがん細胞を皮膚の外から見つけて除去できるレーザー光線のテストに成功した。

雑誌「Science Translational Medicine」に掲載された論文の著者ウラジミル・ジロフ氏によると、この技術は皮膚内や体内への器具挿入無しに、がん転移の進行を著しく抑制できるという。

In vivo liquid biopsy using Cytophone platform for photoacoustic detection of circulating tumor cells in patients with melanoma
https://stm.sciencemag.org/content/11/496/eaat5857

わずかな数の血中循環腫瘍細胞を探知

がん細胞にこのレーザー光線を照射すると、通常の細胞よりもずっと多くのエネルギーを吸収する。その際に発生した熱が、がん細胞を膨張させ、崩壊させるのだ。

従来のレーザー光線によるがんの診断や治療は、光線のサイズが大きいために細胞レベルでの利用は困難だった。

Credit: pixabay

がんによる死亡の多くは、血中循環腫瘍細胞 (circulating tumor cells, CTCs) が主な腫瘍から他の組織へ転移することで起きている。今回開発された装置の根本には、がんが身体中に転移する前に殺そうという考え方がある。

従来の方法ではCTCsの正確な測定は難しく、治療可能な段階でCTCsが見落とされるケースが多かった。

そこで研究チームは、悪性黒色腫の患者に直接使用可能な光音響を利用した装置を開発。これによりCTCsの数がわずかであってもそれを探知し、レーザー光線でそれらを破壊することが可能になった。

1時間に1リットルもの血液をスキャン

さらに驚くべきは、この新装置が1時間あたり1リットルもの血液をスキャンできることだ。これまでに開発されてきた同種の装置よりもずっとスピーディである。

またその効果も申し分なく、ある患者では、がん細胞の96パーセントを破壊することができたとのこと。しかも、この時の出力は最大に達していなかったそうだ。

 

この技術なら、わずかな数のがん細胞を瞬時に見つけ、しかも身体を切り開くことなく治療ができる。先進国で唯一がん患者が減っていない日本にとっても、期待が高まる技術だ。

がん治療に革命?! がん細胞が自殺する「キルコード」が解明される

reference: futurism / written by まりえってぃ

SHARE

TAG