人間を襲ったハンセン病が「チンパンジー」にも感染、 人間の感染では見られない珍しい遺伝子型の菌

チンパンジーのハンセン病も人間と同じように進行する
チンパンジーのハンセン病も人間と同じように進行する / Credit:TAICHIMPANZEE PROJECT
reference: sciencemag

チンパンジーがハンセン病(らい病)にかかっているようです。

11月11日にbioRxivにて公表され『Science Magazine』で紹介された内容によると、チンパンジーたちの顔や手に異変が生じていることに気付いた研究者たちが調査を行った結果、ハンセン病の遺伝子が確認されたとのこと。

不用意な接触が、人間の病気をチンパンジーたちに移してしまったのでしょうか?

分析結果は、ハンセン病の起源に迫る意外な事実を浮き彫りにします。

>参照元はこちら(英文)

チンパンジーの感染していたハンセン病菌は人間にはほとんどみられない型だった

2つの地点のハンセン病菌は異なる遺伝子型であり、独立した経路から感染したことを示す
2つの地点のハンセン病菌は異なる遺伝子型であり、独立した経路から感染したことを示す / Credit:bioRxiv

ハンセン病は、顔や手足の形状を崩す恐ろしい病気である一方、他の動物には感染しない「人間だけの病気」だとして古くから知られていました。

しかし2000年以降、リスやアルマジロでハンセン病が発生していることが確認されるようになり、2017年には西アフリカの野生で暮らすチンパンジーにも症状が現れ始めます。

症状が現れたチンパンジーたちの顔や手はただれていき、人間と同じような病状の進行が確認されました。

そのため多くの研究者たちは、人間の病気がチンパンジーの間で広がっていると考えました。

しかし今回、チンパンジーから得られたハンセン病菌のDNAを分析した結果、意外な事実が浮かび上がります。

チンパンジーから得られた2種類のハンセン病菌(2Fと4N / 0)は人間の間でほとんどみられない、珍しい遺伝子型を持っていたのです。

特に2Fと呼ばれる遺伝子型は、これまで西アフリカでは報告すらされていないものでした。

つまり、チンパンジーから確認されたハンセン病が人間に由来すると考えるには、かなりの無理があったのです。

人間が感染源でないとするなら、チンパンジーたちは何からハンセン病をうつされたのでしょうか?

次ページハンセン病菌は人間の体ではなく環境に潜んでいる

1

2

3

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG