国際宇宙ステーションからみた地平線の眺め
国際宇宙ステーションからみた地平線の眺め / Credit:NASA
geoscience

2万4000年間の気候変動が一目で分かる世界気温地図が作られる (2/2)

2021.11.20 Saturday

前ページ地球の気温変化の歴史を再構築する

<

1

2

>

2万4000年間の地球の気温変化を一目で見る

過去2万4000年間の気温変化のマッピング
過去2万4000年間の気温変化のマッピング / Credit:Popular Science,See 24,000 years of climate history at a glance(2021)/Matthew Osman

気候学の研究では、現在地球が最終氷期を終えてから温暖化に向かっているのか、寒冷化に向かっているのかが議論されてきました。

しかし、今回作成されたマップは、温暖化傾向に向かっていることがはっきりと示されています

この結果は、今年はじめに同じく『nature』で報告された気候モデリングに関する論文とも一致しています。

研究者によると、氷河後退後、炭素レベルは一貫して上昇していたにも関わらず、堆積物コアの調査から寒冷化の傾向が見つかったのは、北半球からの堆積物コアが、サンプルに多すぎたことが原因だったとしています。

また研究は、惑星の間氷期の気温が、以前に考えられていたよりもはるかに寒かったことも示されていると述べています。

同じ期間の平均温度変化をグラフで見たもの
同じ期間の平均温度変化をグラフで見たもの / Credit:Popular Science,See 24,000 years of climate history at a glance

この結果から見ると、地球の気温については、約1万8000年前から1万2000年の間に、2回ほど急激な上昇を見せています

こうした、2~3℃程度の温暖化は、間氷期の変化として見ることができます。

しかし、現代の気温については、産業革命以降から現代までの短い期間で大きく上昇しています。

これは1万2000年前から200年前までに起きた温暖化に匹敵する上昇量です。

パリ気候協定では、この急激な温暖化傾向を産業革命以前の気温から2.7℃以内に抑えようとしていますが、実際のところ、そのため約束は、ほとんどの国で実行されていません。

このデータからは、地球の自然な気候変動による温暖化傾向と、人類の関与が疑われる温暖化は明らかにレベルが違うと研究者は語っています。

しかしデータから受ける印象は、見る人よって大きく異なるかもしれません。

あなたはこのデータから何を感じ取るでしょうか?

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

地球科学のニュースgeoscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!