海に流出したプラスチックごみを燃料に変える夢の技術が開発される

chemistry 2019/02/20

Point
■プラスチックごみを燃料に変換させる新技術が開発された
■高圧下で約455℃に熱した水の中にプラスチックごみを入れたところ、燃料に変換された
■実用化に向けたパイロット実験を行うには、資金調達が課題

プラスチック汚染の問題は、年々深刻さを増しています。毎年800万トンものプラスチックが海へ流れ出す中、「プラスチックごみをどうやって取り除くのか?」は喫緊の課題です。

プラスチック包装を削減したり、ドローンを用いたプラスチック汚染地域の特定したりと、さまざまな努力が行われていますが、米パデュー大学の研究チームがこれまでに無かった新しいアイディアを提唱しました。それは、プラスチックごみを「燃料に変える」というもの。論文は、雑誌「Sustainable Chemistry and Engineering」に掲載されました。

Use of Supercritical Water for the Liquefaction of Polypropylene into Oil
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acssuschemeng.8b03841

柔軟すぎる!オイル・燃料・ガスなどに七変化

研究チームは、ポリオレフィン(プラスチックポリエチレンによく使われるポリマー)のごみの9割以上をガソリンやディーゼルに似た高品質の燃料に変えることができる、新しい化学変換処理を初めて開発しました。高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、リニアポリエチレン、ポリプロピレンを含むポリオレフィンに対応しているそうです。

研究チームが用いたのは、超臨界水(水の温度と圧力を上昇させて、液体と気体の密度が同じでこれらを区別できなくなる領域の水)や亜臨界水(臨界点よりもやや低い領域の水)。水を高圧下で約455℃に熱し、その中にプラスチックごみを入れたところ、プラスチックごみが約1時間で見事オイルに変換されました。プラスチックごみに含まれる不純物は、オイルに変換されるか、処理水の中に抽出されますが、この抽出作業は変換と同時に行われます。

しかもこの技術、変換の条件に応じてオイル、燃料、ガスとさまざまな製品に変えてくれるという柔軟性も備えているそうです。

課題は低コスト化

研究チームは、実験結果をより大規模なプロセスに発展させ、この技術を実用化したいと考えています。ですがそのためには、より低コストでより高品質な製品の生産を可能にする技術の開発が求められます。

それには、他のタイプのプラスチックごみや、複雑に混じり合ったごみの混合物を燃料に変換するために、この技術を使えるかどうかを調査するための研究資金が不可欠です。確かに、現実的に海水に高圧・高温処理を施そうと思ったら、かなり規模の大きな設備が必要で、とてつもない額の費用が掛かりそうです。研究チームは今後、実規模に近い装置でパイロット実験を行うために、資金調達を行う予定とのこと。実験が成功すれば、産業界もこの技術の商業化に向けて動き出すはずです。

 

厄介者のプラスチックごみが取り除けるばかりか、役に立つ燃料に変わるという、願ったり叶ったりの新技術。現状を一変させる可能性を秘めていそうですね。

人間の尿から「レンガ」を作ることに初成功 さらに副産物として有効資源を生み出す

reference: digitaltrends / translated & text by まりえってぃ

SHARE

TAG

chemistryの関連記事

RELATED ARTICLE