biology

超人になれる「遺伝子リスト」をハーバード大学の科学者が作成してしまう (3/3)

2021.01.28 Thursday

2019.06.13 Thursday

前ページ超人遺伝子のリスト

<

1

2

3

>

ホーキング博士の懸念

しかしこうした人類のポジティブな進歩の裏には、必ずネガティブな問題がついて回る。

英の著名な物理学者スティーヴン・ホーキング博士は生前、人体の遺伝子操作により生ずる社会的な問題について指摘していた。

例えば、優れた超人への遺伝子操作を受けられるのが裕福層に限られてしまうと、貧困層との間に「遺伝子格差」が生じる。すると経済的な溝ばかりでなく、才能や容姿、寿命などすべて裕福な人が独占してしまうのだ。

1枚目の画像
Credit:pixabay

またホーキング博士によると、人体のゲノム編集技術は今後50年以内で飛躍的に進歩し、人為的な遺伝子操作が当たり前となる社会が到来する可能性もあると示唆していた。

人類が自分たちの手によってユートピアを築くのか、それともディストピアに陥るのか、まさに今が分かれ目のようである。

中国ゲノム編集ベビーは「めちゃ賢いスーパーヒューマン」である可能性が浮上

reference: futurismtokyo-np / written & text by くらのすけ

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!