意外と少ない?心血管の健康を維持できる「昼寝」の最適頻度が判明

life 2019/09/11
Credit: depositphotos

Point

■週に1〜2回昼寝をする人は、心臓発作や脳卒中の危険性が平均より48%低い

■週に3回以上昼寝をする人の心臓発作や脳卒中の危険性は、平均と変わらない

■昼寝の長さは、心血管の健康に関する限り特に重要でない

認知能力だけでなく創造力もアップするといわれる「昼寝」。しかし昼寝の効能はこれだけではないようです。

スイスの研究チームが最近行った調査で、週に1〜2回昼寝をする人は、心臓発作や脳卒中の危険性が低いことが明らかになりました。論文は、雑誌「Heart」に掲載されています。

Association of napping with incident cardiovascular events in a prospective cohort study
https://heart.bmj.com/content/early/2019/08/16/heartjnl-2019-314999

週1〜2回昼寝をする人は心血管疾患の危険性が約半分

調査は、スイスのローザンヌに住む35〜75歳の住民から無作為に選ばれた被験者3,462名を対象に実施されました。3年間にわたって、被験者の健康状態を週次で確認し、前週の睡眠習慣について報告を受けました。その後、さらに5年間にわたり、被験者の健康状態を追跡調査しました。

被験者の60%近くが昼寝をまったくしないと回答したのに対し、約20%は週に1〜2回昼寝をすると回答しました。また、25%近くの被験者は、週に3回以上昼寝をすると答えました。

8年間の間に、研究チームは、計155件の致死性および非致死性の心血管疾患を観察しました。

Credit: pixabay

調査の結果、週に1〜2回昼寝をする人は、全体平均の48%も心臓発作や脳卒中に陥る危険性が低いことが判明しました。昼寝をすることで、心臓や血管の健康が保たれるなんて不思議ですね。

ただし昼寝は、頻繁にすればするほど良いというわけではなさそうです。週に3回以上昼寝をする人は、心臓発作や脳卒中の危険性に違いが出ませんでした。

昼寝の長さはそこまで重要ではない!?

一方昼寝の「長さ」は、心血管の健康に関する限り特に重要でないことも分かりました。

実際、「どれくらいの長さの日中の睡眠を昼寝と定義すべきか?」については、これまでも多くの議論が行われてきました。「10分程度から長くても3時間くらいまででは?」と考える人が多そうですが、昼寝の定義は文化によって大きく異なります。一般的には、午後の早い時間に20〜30分間うたた寝をするのがベストだと考える専門家が多いでしょう。

研究チームは、昼寝と心血管の健康がどのように関係しているかを理解するには、まだ多くの調査が必要なものの、今回の調査が1つの出発点になると考えています。

Credit: depositphotos

仕事や家事に追われる日中の時間帯に毎日昼寝をするのはなかなか難しいかもしれませんが、週に1〜2回であれば、休日などに実践できそうです。それだけで、心血管疾患にかかる確率が半減するのですから、昼寝しない手はありません。

一時も休まずに働き続ける心臓や血管のために、週1〜2回のお昼寝タイムを設けてみてはいかがでしょうか?

reference: inverse / written by まりえってぃ

SHARE

TAG

lifeの関連記事

RELATED ARTICLE