1枚目の画像
Credit: NASA/Jet Propulsion Laboratory
space

木星の衛星イオ最大の火山「ロキ」が今月中にも噴火しそう

2019.09.19 Thursday

Point

■木星の第1衛星イオ最大の火山「ロキ」が今月中にも噴火しそうであるという報告が出された

■噴火の周期が約475日であるという算出結果から次の噴火が近いことが判明

■ロキはサイズが大きいために、小さい火山が影響を受けがちな微細な因子の影響を受けにくく、噴火の時期が予測できた

謎が深すぎる。植物すらいないハワイ溶岩で唯一生き延びる「溶岩コオロギ」

木星の第1衛星イオの表面には、”parterae”として知られる平均直径が41キロメートルほどの巨大な火山性凹地が点在しています。

その中でも最大のものが、直径202キロメートルのロキ火口(Loki Parera)です。

イオで最も強力な火山であり、イオ全体の熱出力に対して平均で 25% の割合を占めるロキ。このロキが、今月中にも噴火しそうであるという報告が、Planetary Science Instituteでシニア・サイエンティストを務めるジュリー・ラスバーン氏によって出されました。

噴火の周期が予測できるのはサイズが大きいからこそ

ラスバーン氏が2002年に発表した論文では、1990年代のロキの噴火の周期は約540日であると示されていました。

しかし今回ラスバーン氏が改めて算出しなおしたところ、ロキの噴火の周期が約475日であるという推測が導き出されました。

前回の噴火が今から約475日前の2018年5月であったことから、次回の噴火が秒読みであることが判明したのです。

1枚目の画像
Credit: NASA/Jet Propulsion Laboratory

火山の噴火には、マグマ供給率、マグマの組成(特にマグマ内部の気泡の有無)、火山が位置する岩の種類、岩の割れ目の状態といった数多くの因子が影響するため、その時期の予測は大変困難です。

それにもかかわらず、ロキの噴火の時期が今回予測できたのは、そのサイズが大きいからです。大きいために、噴火の際には基礎物理の支配を受け、その他の小さい火山が影響を受けがちな微細で複雑な因子が、ロキにはそれほど大きく影響しないのです。

次ページ悪戯好きの神「ロキ」はとっても気まぐれ

<

1

2

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!