quantum

人間の脳、実は量子コンピューターだった? 科学者が本気で実験を開始

2018.03.29 Thursday
1枚目の画像
Credit: 9to5google

現代技術でも真似出来ない、非常に複雑な情報処理を行っている私たちの「脳」。

カリフォルニア大学の研究者らが、「私たちの脳が、実は量子コンピューターとして働いているのではないか」と仮説をもとに、その可能性を解明するための研究をはじめました。

量子コンピューターとは

量子コンピューターとは、量子力学に基づき、量子もつれや重ね合わせの性質を利用して、量子ビットでの計算を行うコンピューターです。量子もつれは、量子が遠く離れた状態でも相互作用をもたらすことで、「シュレディンガーの猫」で有名な重ね合わせは、「生存」「死亡」など別の状態が重なりあって存在することを表します。

通常のコンピューターが1か0かを1単位として計算するのに対して、量子ビットは複数の状態を同時に持つことができます。よって、ある種の計算では、通常のコンピューターでは考えられないほど早く結果を出すことが出来るのです。

次ページ常温の体内でも量子ビットが存在するのか?

<

1

2

>

物理学physics

もっと見る

Special

注目pick up !!