新型コロナウイルスを「オンラインゲーム」で無毒化する計画が進行中

Folditのゲーム画面。タンパク質の構造を表している/Credit:Foldit
point
  • オンラインゲームのパズルを解くと抗ウイルス薬ができる
  • 過去にもゲーマーがパズルを解いて抗ウイルス薬につながる発見をした

世界の運命はゲーマーの手にかかっているのかもしれません。

ワシントン大学によって公開された無料オンラインゲーム『Foldit』は、パズル感覚でタンパク質の3次元構造を解くことを目的としています。

実はこの『Foldit』、過去に何度もゲーマーたちによってレジェンドが築かれてきたゲームなんです。

2011年には、研究者が10年以上かけても解けなかった「エイズウイルスを切断する酵素の構造」が、10日足らずでゲーマーによって解かれました。

また2016年に大学が開いた構造予測コンテストでは、スーパーコンピューターを擁する大学のチームが、ゲーマーチームに敗北しています。

ゲーマーの集中力と頭の回転は、人類に莫大な貢献をもたらす可能性を秘めているのです。

そこで研究者たちは、今世界を騒がせている新型コロナウイルスを無毒化するタンパク質の立体構造を、ゲーマーたちに設計してもらう計画を立てました。

プロジェクトはワシントン大学のタンパク質設計研究所によって主催されており、以下のページからゲームのダウンロードが可能です。

狙い目はウイルスのスパイク構造

左がコロナウイルスの構造を描いた二次元の模式図。右が三次元のイメージ。跳び出ている部分がスパイク構造。/Credit:大阪大学微生物研究所,depositphotos

新型コロナウイルスを無効化するためには、ウイルス表面にある「スパイク」と呼ばれる構造を狙うことが有効とされています。

スパイクはウイルスの球体の外側に突き出ている棘部分で、ウイルスが人間の細胞に接着し、細胞を騙して侵入するために使われるタンパク質です。

もしこのスパイクの接着機能を妨害したり、物理的に覆ってしまうようなタンパク質をゲーマーが設計できれば、ウイルスは人間の細胞に感染できなくなり、絶大な効果をもつ抗ウイルス薬となります。

ではなぜ、これを成し遂げるのがコンピューターではなくゲーマーなのでしょうか?

次ページスーパーコンピューターではなくゲーマーが世界を救える理由

1

2

>

あわせて読みたい

SHARE

TAG