6/21(日)は部分日食が日本全国で見られる。 太陽が欠ける仕組みをカンタン解説!

space

2019年12月の部分日食/Credit:NHK
point
  • 6月21日(日)16時~18時、日本全国で部分日食が観測できる
  • 部分日食の見え方は場所によって異なり、日本の南に進むほど「太陽の欠け具合」は大きくなる
  • サングラスはNG。必ず専用の日食グラスを着用すべき

今週末6月21日(日)には日本全国で部分日食が見られます。

国立天文台(NAOJ)によると、前回日本で部分日食が起こったのは2019年12月であり、次回日本全国で部分日食が見られるのは2030年6月とのこと。

そのため今回は非常に貴重な機会であり、なんとか観測しておきたいものです。

今週の日曜は部分日食が見られる

部分日食とは、一定期間だけ太陽が欠けて見えるイベントです。

これは非常に珍しい現象であり、部分日食を観測できる日時は限られています。

今回の部分日食は、今週日曜日6月21日16時~18時に観測できます。

日本全国で観察できますが、場所によって「太陽の欠け具合」が異なりますので、自分たちが住んでいる場所特有の部分日食を楽しめるでしょう。

Credit:naoj

南に向かうほど太陽は大きく欠けるようになっており、沖縄県だと三日月の形に近くなります。

ただし、当日の天気によっては雲に太陽が隠れてしまい観測できないかもしれません。

部分日食の観測方法

部分日食はどのように観測すべきでしょうか?

大切なのは観測用の「減光フィルター」を使用することです。必ず日食グラスなどの専用グッズを活用しましょう。

Credit:depositphotos

減光フィルターは可視光線を十分カットするだけでなく、紫外線や赤外線からも目を守ってくれます。

対して、サングラスなどは直接太陽を観測するように作られていません。仮に観測できたとしても、目に深刻なダメージを負ってしまうでしょう。

ですから、次の方法は禁止です。

・肉眼で直接観測する・薄い雲を通して見ようとする

・サングラスで見る

・黒いビニールや下敷きなどで見る

・日食グラスをかけて双眼鏡や望遠鏡を使う

・日食グラスをかけて長時間(2、3分以上)見続ける

適切な方法で部分日食を楽しみましょう。

部分日食が起こる仕組み

「太陽が欠けて見える」部分日食ですが、この不思議な現象が起こるのはなぜでしょうか?部分日食が起こる仕組みを考えてみましょう。

部分日食とは日食の一種であり、それは太陽と月、地球が一直線に並ぶことによって生じます。

Credit:naoj

その時地球からは、月に隠れて太陽が見えなくなります。完全に太陽が隠れてしまう場合を「皆既日食」と呼び、部分的に太陽が隠れてしまう場合を「部分日食」と呼びます。

皆既日食が見られる場所は非常に限られているのですが、部分日食が見られる範囲は比較的広いため、今回は日本全国で楽しめるようです。

Credit:naoj

ちなみに、月の公転軌道は楕円型なので、月と地球の距離は遠くなったり近くなったりします。

同じ日食条件の中でも月が地球から遠い場合は、リング状に輝く「金環日食」が観測できるでしょう。

さて、これら日食が珍しいのはなぜでしょうか?

その理由は地球と月の公転軌道の違いにあります。月の公転軌道は地球の公転軌道からは約5°傾いているため、3つが一直線になることは滅多にありません。

Credit:Cannon

加えて、丁度一直線になった時に日食を観測できる範囲は限られており、見える範囲は地球の自転に左右されます。そのため、3つが一直線になったとしても自分たちが住んでいる場所で日食が見られるとは限らないのです。

非常に珍しい部分日食は今週末の夕方しか見られません。各地域でも見え方が異なりますので、是非日食グラスを準備しておき、「自分だけの部分日食」を観測しましょう。

星のソムリエ®が選ぶ、今月の星の見どころベスト3【2020年6月】

月や火星で”宇宙農業”をする計画。 藻類から作ったプラスチックで温室を建設する

reference: naoj / written by ナゾロジー編集部
ナゾロジーは、科学と「不思議な現象」の狭間にある「謎」をお伝えするニュースメディアです。
宇宙、素粒子、AI、遺伝子、歴史、心理学など、様々な角度から身近な「謎」を追求しています。
Nazologyについて
記事一覧へ
あわせて読みたい

SHARE

TAG