chemistry

お湯が冷水よりも早く凍る「ムペンバ効果」のナゾが解明される! (2/2)

2020.08.12 Wednesday

ムペンバ効果の応用は革命を起こす

1枚目の画像
ムペンバ効果を商用利用できれば日常の温度革命が起こる/Credit:depositphotos1 . depositphotos2

今回の研究により、ムペンバ効果の基礎現象が解明されました。

その結果、私たちは固体・液体・気体といった相転移が温度だけに依存しないという「新たな常識」を受け入れる準備をしなければならないかもしれません。

というのも、最新の理論では「より冷たいもののほうが早く熱せられる」という逆ムペンバ効果の存在も示唆されはじめるようになったからです。

理科の教科書がややこしくなりそうですが、恩恵もあります。

「より熱いモノが先に冷える」「より冷たいモノが先に熱される」という現象を既存の熱を扱うシステム(エアコンや発電)などに組み込むことができれば、私たちの生活を大きく変える、温度革命が起こるかもしれませんね。

 

研究内容はカナダ、サイモンフレイザー大学のアビナッシュ・クマール氏らによってまとめられ、8月5日に世界で最も権威ある学術雑誌「Nature」に掲載されました。

Exponentially faster cooling in a colloidal system
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2560-x

お湯の熱エネルギーを約一年間保存できるセラミックが発見される。 水を温める手間がなくなるかも!?

【編集注 2020.08.12 14:20】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送しております。
reference: sciencenews / written by katsu

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

化学chemistry

もっと見る

Special

注目pick up !!