人は離婚の3ヵ月前から代名詞を多用する
人は離婚の3ヵ月前から代名詞を多用する / Credit:Depositphotos
psychology

カップルは別れる3ヶ月前から代名詞を多用するようになる

2021.02.05 Friday

Partners Start Using Different Language Months Before They Break Up, Study Shows https://www.sciencealert.com/people-start-using-different-language-3-months-before-a-breakup-research-finds
Language left behind on social media exposes the emotional and cognitive costs of a romantic breakup https://www.pnas.org/content/118/7/e2017154118

離婚は互いに対して大きな影響を与えるものですが、最近の研究では、使用している言語にも離婚の兆候が表れていると判明。

アメリカのテキサス大学オースティン校心理学科に所属するジェームズ・ペネベーカー氏ら研究チームは、離婚する人が3ヵ月前から代名詞を多用するようになることを発見しました。

研究の詳細は、12月20日付けの科学誌『Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載されています。

離婚する人は代名詞を多用する

代名詞を多用するのは離婚が近いからかも
代名詞を多用するのは離婚が近いからかも / Credit:Depositphotos

人の感情的および心理的状態は、その人の言葉遣いに影響を与えます。このことは当然離婚を経験する人々にも当てはまるはずです。

この点を明確にするため、研究チームは、6800人のRadditユーザーによる100万件を超える投稿を分析し、離婚する人々の言語がどのように変化しているのか調査しました。

その結果、離婚する人々は代名詞を多用すると判明。彼らは、主に「私」「私たち」という言葉を頻繁に使うようになっていたのです。

そしてこの傾向は、離婚日の3ヵ月前から生じており、離婚日にピークを迎えます。さらに離婚後6か月間は正常に戻らなかったとのこと。

研究者の1人であるテキサス大学の心理学者サラ・セラジ氏は、「人々が関係の崩壊に気づく前でさえ、既に彼らの生活にはその影響が及んでいるようです」と述べています。

また一部のユーザーは、離婚から1年経っても言語が通常に戻っていませんでした。

これは、彼らが離婚の話題をRadditに何度も投稿することで自ら思い返し、精神的ダメージからの回復を妨げていたことが原因です。

次ページ「私」「私たち」を多用するのは認知機能に負荷がかかっている証拠

<

1

2

>

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!