出土した四輪馬車
出土した四輪馬車 / Credit: AFP
history archeology

ポンペイ遺跡で「戦車」が出土! 保存状態が完ぺきで、歴史的な大発見(イタリア)

2021.03.01 Monday
Roman chariot unearthed ‘almost intact’ near Pompeii https://phys.org/news/2021-02-roman-chariot-unearthed-intact-pompeii.html

イタリア南部ナポリ近郊にあるポンペイ遺跡は、西暦79年にヴェスヴィオ火山の大噴火で滅亡した古代都市です。

明確な死者数は今もって分からず、専門家は「最低で2000人、最大で1万5000人に達する」と推測しています。

そのポンペイ遺跡で、先月27日、新たに戦車(四輪馬車)が見つかったと報告されました。

発掘チームを率いるマッシモ・オザンナ氏は「保存状態がきわめて良く、同遺跡で見つかった遺物の中でも比類のない発見である」と述べています。

戦闘用ではなく、儀式用の戦車(四輪馬車)か

四輪馬車は、古都ポンペイから数百メートルにあるチヴィタ・ジュリアーナ地区にて発見されました。

馬車は、当時あった邸宅の厩舎(きゅうしゃ)につながるポルチコ(建物の玄関に導く、あるいは柱列として拡がるポーチ)から出土しています。

最初に見つかったのは今年1月7日で、それから数週間かけて、遺物を壊さないよう細心の注意を払って発掘作業が続けられました。

また、近年多発しているポンペイ遺跡での違法発掘や遺物の窃盗を警戒して、地元の検察庁の協力も仰いでいます。

発掘の様子
発掘の様子 / Credit: AFP

その甲斐あって、馬車は、ほぼ完全な状態を保ったまま発掘されました。

鉄の部品や精巧な錫および青銅製の装飾品、石化した木材など、あらゆる面で当時の状態を留めています。

また、装飾の様子から、戦闘用ではなく、結婚式のような祝い事や何らかの儀式に使用されたと見られます。

2018年には、馬車が出土したすぐ近くの場所で、3頭の馬の骨が発見されていました。

馬車に見られる装飾
馬車に見られる装飾 / Credit: AFP

オザンナ氏は「今回の発見はイタリア国内で前例のないものであり、古代の生活世界をより深く理解するのに役立つでしょう」と話します。

ダリオ・フランチェスキーニ文化財・観光相は、公式声明にて「ポンペイ遺跡は今なお多くの発見で私たちを驚かせています。未調査のエリアはまだまだ残っているので、今後も新発見は続くでしょう」と述べています。

ポンペイ遺跡では、イタリアで最も人気の観光スポットの一つであり、2019年には390万人が訪れました。

現在は、新型コロナウイルスにより閉鎖中ですが、また一般にも再開される日を待ちましょう。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

歴史・考古学history archeology

もっと見る

Special

注目pick up !!