「硬水」と「軟水」って何が違うの?
「硬水」と「軟水」って何が違うの? / Credit: jp.depositphotos
science

「硬水」と「軟水」の違いは? 用途によって変わるメリットとデメリット (3/3)

2021.05.06 Thursday

2021.05.05 Wednesday

前ページ硬水:ミネラル豊富だけど、シャワーには向かない

<

1

2

3

>

軟水:肌にやさしく、炊飯にもピッタリ

には、日本人からするとメリットがとても多いです。

まず、ミネラルが少ないので、髪や肌にやさしく、シャワーには最適です。

それから、先ほど指摘したように、素材の風味を活かした和食に向いています。軟水は無味無臭で、食材の旨味を引き出しつつ、風味のジャマはしません。

お米にも浸透しやすいので、ふっくらとした炊き上がりになります。

ちなみに、硬水はお米がパサパサして固くなるので、パエリアなどには向いています。

また、軟水はお腹にもやさしいので、胃腸が未発達な幼児には軟水を飲ませた方が良いです。ミネラルの豊富な硬水はお腹に大きな負担をかけてしまいます。

軟水は日本人にピッタリの水
軟水は日本人にピッタリの水 / Credit: jp.depositphotos

一方、軟水のデメリットは「ミネラル分が少ない」という以外、特にありません

口当たりがやわらかで、苦味もなく、お米を主食とする私たちには軟水がベストでしょう。

ただ、食の欧米化が進む昨今において、硬水を使った方がいい場面も増えてきました。

こうしたメリット、デメリットを踏まえた上で、硬水と軟水を使い分けると生活の質も上がるかもしれません。

<

1

2

3

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

サイエンスのニュースscience news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!