犬のうんちを回避するルンバj7+
犬のうんちを回避するルンバj7+ / Credit:iRobot_iRobot Introduces Roomba® j7+ Robot Vacuum with Genius™ 3.0 Home Intelligence – Clean the Way You Want, So You Can Human(2021)
artificial-intelligence

天敵「犬のうんち」を避けるルンバがAIにより誕生

2021.09.12 Sunday

Your Roomba Can Finally Avoid Dog Doody, Thanks to AI https://interestingengineering.com/your-roomba-can-finally-avoid-dog-doody-thanks-to-ai?utm_source=rss&utm_medium=article&utm_content=09092021 iRobot Introduces Roomba® j7+ Robot Vacuum with Genius™ 3.0 Home Intelligence – Clean the Way You Want, So You Can Human https://investor.irobot.com/news-releases/news-release-details/irobot-introduces-roombar-j7-robot-vacuum-geniustm-30-home

ロボット掃除機は部屋を自動で掃除してくれる優れものですが、彼らには「犬のうんち」という天敵が存在します。

うんちをひいてしまったロボット掃除機が部屋中を走り回るなど、悪夢でしかありません。

こうした事件を避けるため、アメリカを拠点とするロボットメーカー「iRobot」は、AIでうんちを回避できる「ルンバj7+」を発表しました。

お掃除ロボットによるうんち事件が頻発

これまで世界中の愛家が、ロボット掃除機による大惨事を経験してきました。

愛犬がトイレでうんちできなかった場合、飼い主の帰宅まで、うんちが床に放置されることになります。

もし、ロボット掃除機がこの間に作動してしまったら、どうなるでしょうか?

私たちの想像どおり、うんちをひいたお掃除ロボットが、部屋の「隅々まで」うんちを塗りたくることになります。

ロボット掃除機によるうんち事件は、既にさまざまなメディアで報告されており、その情報はルンバのメーカーであるiRobotにも伝わっていたようです。

9月9日に新しく発表された最新機「ルンバj7+」に、犬のうんちを識別して回避する機能が追加されました。

次ページAIで強化された「ルンバj7+」が登場!うんちを見分けて回避できる!

<

1

2

>

AI・人工知能のニュースartificial-intelligence news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!