人間性を破壊するロボトミー手術がノーベル賞をとった理由
人間性を破壊するロボトミー手術がノーベル賞をとった理由 / Credit:Canva
medical

人間性を破壊するロボトミー手術がノーベル賞をとった理由

2021.10.18 Monday

2021.10.15 Friday

Lobotomy: Definition, procedure and history https://www.livescience.com/42199-lobotomy-definition.html
António Egas Moniz (1874–1955): Lobotomy pioneer and Nobel laureate https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4291941/

前頭葉の神経を脳のその他の部分から切り離すロボトミー手術。

現在では禁忌とされていますが、開発された当時は極めて先進的な医療と考えられており、開発者のモニス氏は1949年のノーベル生理学賞・医学賞を受賞しています。

しかし当時であっても、ロボトミー手術を受けた患者の多くに、人格・感情・意思・思考が奪われるという副作用が知られていました。

にもかかわらず、ロボトミー手術は20年以上にもわたり続けられてきました。

いったいどうして、ロボトミー手術は止められなかったのでしょうか?

ノーベル賞を受賞したロボトミー技術はいかにしてうまれたか

ロボトミー手術を検討するフリーマン氏
ロボトミー手術を検討するフリーマン氏 / Credit:wikipedia

に物理的な影響を与えて精神状態を変化させる、という試みは、古くから行われてきました。

記録に残る最も古いものは、1888年にスイスの医師、ブルクハルトによって行われたものです。

ブルクハルトは慢性的な精神病にある6人の患者に対して頭蓋骨を切開し、大脳皮質の一部を取り除きます

結果、5日後に1人の患者が死亡したものの、手術によって患者の精神が落ち着いたと報告しています。

しかし、6人中1人が死んだという事実は重く、ブルクハルトに続こうとする機運は起こりませんでした。

しかし20世紀になり、進化論の受け入れが進むと同時に、チンパンジーなど人間に近い動物に対する実験が盛んに行われるようになると状況は変わってきました。

1935年、イェール大学の研究者たちはチンパンジーの前頭葉を切断した結果を学会に発表します。

手術前、ベッキーと名付けられたメスのチンパンジーは、研究者が与えた課題に対して、実行を拒否したり、失敗してかんしゃくを起こすといった行動をみせていました。

そこでイェール大学の研究者たちはベッキーの前頭葉を脳のその他の部分から切り離してみることにしました。

すると驚いたことにベッキーの性格は一転し、研究者の支持に対して協力的にふるまうようになったのです。

この実験に興味をもったのが、政治家であり医者でもあったモニスでした。

モニスはチンパンジーに起きた変化を人間で再現することができれば当時、治療方法がなかった精神病を治療できると考えます。

モニスは自らの説を確かめるために、うつ・不安・妄想・幻覚・不眠に苦しむ63歳の女性患者の頭蓋骨を切開してエタノール(純度100%に近いモノ)を流し込み、前頭葉につながる神経を全て破壊しました。

するとチンパンジーの場合と同様に、女性の精神が安定し、妄想的な特徴も失われていきました

結果に自信を得たモニスは1935年の終わりにかけて19人に対して手術を行いました。

また手術方法も改善され、アルコールではなく、ワイヤーを用いたものに変化します。

ロイコトームと命名された新たな手術器具は、ワイヤーを用いて前頭葉とその他の部位を接続している神経を、物理的に切り離すことが可能でした。

モニスはこの方法に対して「ロイコトミー」と名をつけます

ただ手術によって精神的な落ち着きを得た場合でも、尿や糞便を自力で行えなくなったり、意欲や意思がなくなったり、異常な空腹を覚えるといった症状が現れました。

前頭葉は人格・感情・意思・思考を担当する脳の領域であり、その部分を脳から切り離してしまえば、人間的な要素に劇的な影響が出るからです。

それにもかかわらず、前頭葉に対する手術は世界中の医師によって行われるようになりました

そして1937年になるとフリーマンによってワイヤーの代りに、回転するナイフで前頭葉を切り離す新たな技術を開発されます。

この前頭葉分離技術に対してはじめて「ロボトミー」と名がつけられました

フリーマンは、精神病は同じ考えを何度も繰り返すことで発症すると考えており、前頭葉を分離することで悪循環を神経線維ごと断ち切れると考えていたようです。

さらに1940年代になると、頭蓋骨を切開する方法から、眼窩(目の奥)の骨に穴をあけ、そこに細いメスを刺し込んで前頭葉を分離する、跡が目立ちにくい方法が開発され、その後に続くロボトミー手術の標準的方法となりました。

1949年にロボトミーの生みの親であるモニスにノーベル生理学賞・医学賞が授与されるとロボトミーはより一層、盛んに行われるようになります。

しかしノーベル賞のブランドを得ても、やっていることは前頭葉の切り離しであることは変りません。

そのためロボトミー手術を受けた人々の多くで、人格・感情・意思・思考が失われ、時には介護なしには生きていけなくなるケースもみられました

1937年の段階でも既に、多くの医師がロボトミーの危険性に気付いていたと、記録が示しています。

しかしロボトミー手術は続けられました。

それはロボトミー手術が行われた目的の多くが「病院の都合」にあったからです。

次ページロボトミーは一部では「お金」のために行われていた

<

1

2

3

>

医療のニュースmedical news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!