アボカドは1万3000年前に絶滅するはずだった?
アボカドは1万3000年前に絶滅するはずだった? / Credit: jp.depositphotos
plants

2021.10.26 Tuesday

アボカドは1万3000年前に絶滅するはずだった (2/2)

ナゾロジーチャンネル動画公開中

太陽までの距離は紀元前に測定されていた! 【必要なのは1本の棒と偉大な頭脳】

前ページ「種の運び手」が消えたことで絶滅の危機に

<

1

2

>

なぜアボカドは生き残ったのか?

この問題については、専門家たちがいくつかの有力な説をあげています。

1つは、大型哺乳類が絶滅した後、運よくジャガーたちがアボカドに興味を示してくれたという説。

ネコ科動物の胃は、大きな肉を消化するのに十分なサイズがあるので、アボカドを丸呑みできると考えられます。

しかも、彼らは移動力に長けているので、これまで以上に種子の散布範囲は広がったでしょう。

一方で、この説を裏づける証拠は見つかっていません。

もう1つは、リスやネズミなどのげっ歯類が、アボカドの種を地中に埋めて腐るのを防いだという説。

体が小さいのでアボカドを主食にすることはなかったでしょうが、種を持ち帰って地中に埋め、アボカドの生存に貢献した可能性があります。

しかし、こちらの説も証拠はありません。

どの動物がアボカドの生存をつなぎとめたのか?
どの動物がアボカドの生存をつなぎとめたのか? / Credit: jp.depositphotos

アボカドはどうして危機を乗り越えられたかは未だに謎ですが、ただ、メガファウナに取って代わる分散者が現れたことは確かです。

何らかの動物がアボカドの命を繋いでくれたおかげで、ついにアボカドは人類によって発見されます。

人類は、栽培によってアボカドを大きくし、より多くの果肉を食べられるよう改良しました。

記録によると、アボカドは、紀元前500年頃からメキシコをはじめとする中南米で主食として親しまれています。

16世紀には、スペインの征服者がアステカ人からアボカドを発見。

その後、北米の方まで広がり、1914年には、カリフォルニアの地でアボカドが大々的に栽培されるようになりました。

現在でも、アボカドの約90%はカリフォルニアで栽培されています。

メガファウナ亡き後の分散者が何者かは分かりませんが、彼らがいなければ、人類がアボカドに出会うことはなかったかもしれません。

<

1

2

>

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

植物のニュースplants news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!