焦げたトーストを食べるとがんになるのか
焦げたトーストを食べるとがんになるのか / Credit:Depositphotos
health

焦げたトーストを食べるとがんになるのか (2/3)

2021.11.21 Sunday

前ページ焼くと焦げができるのはなぜ?

<

1

2

3

>

焦げには発がん性があるのか?

焦げに含まれる物質のうち、発がん性が疑われているのは次の3つです。

①②は肉を加熱した際に発生するものです。

③はトーストやフライドポテト、コーヒー、麦茶、クッキーなどに多く含まれています。

しかも③は食材に限らず、タバコの煙などのあらゆるものに含まれているとのこと。

フライドポテトには多くのアクリルアミドが含まれている
フライドポテトには多くのアクリルアミドが含まれている / Credit:Depositphotos

そして大切な点として、①②③すべては体内でDNAの一部を破壊し、突然変異を生じさせる(つまりがんを発生させる)おそれがあります。

実際、シンハ氏によると、「①HCAと②PAHはサルを用いた2004年の実験で、③アクリルアミドはマウスを用いた2015年の実験で、それぞれ発がん性が認められました」とのこと。

ところが全体として研究者たちのスタンスは、「焦げががんの原因になるとは断言できない」というものです。

ではなぜ、焦げとがんの関係性は曖昧なままなのでしょうか?

次ページヒトでの発がん性は実証できていない

<

1

2

3

>

健康のニュースhealth news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!