大規模な火災はどこで起こる?
大規模な火災はどこで起こる? / Credit:Depositphotos
spot

乾燥地帯の大規模な火災は水のある場所で起こる?

2021.12.19 Sunday

We are professional fire watchers, and we’re astounded by the scale of fires in remote Australia right now https://theconversation.com/we-are-professional-fire-watchers-and-were-astounded-by-the-scale-of-fires-in-remote-australia-right-now-172773

オーストラリアでは、毎年のように大規模な森林火災が発生しています。

最近でも10月と11月の異常気象の影響により、オーストラリア南部のサバナ地帯12万kmに及ぶ火災が発生しました。

では、このような大規模火災の発生を制御する方法はあるのでしょうか?

オーストラリア・火災監視の専門家であるロハン・フィッシャー氏は、「火災は水のある場所で起こる」と述べ、オーストラリア森林火災を制御する方法を解説しています。

火災は水のある場所で発生する

フィッシャー氏の語る「火災が水のある場所で起きる」とは、一体何を意味しているのでしょうか?

「消火」といえば「水」を連想する人が多いように、普通に考えれば、火災は水のない場所でこそ起きるはずです。

しかし、森林火災の燃料がどこで作られるか考えると、この理由も納得できるでしょう。

オーストラリアの荒野は、基本的になにもない砂漠です。それはすなわち燃えるものもないのです。

水のある場所でだけ植物が育ち、それが乾燥して大規模火災の燃料となるのです。

この傾向はオーストラリアの乾燥地帯を空から見るとよくわかります。

これはオーストラリア西部のピルバラ地域を写した衛星画像です。

火災が小川と排水路に沿って広がっている
火災が小川と排水路に沿って広がっている / Credit:Rohan Fisher_We are professional fire watchers, and we’re astounded by the scale of fires in remote Australia right now(2021)

この画像を見ると、乾燥地帯で発生した火災の焦げ跡が、小川や排水路に沿って広がっている様子がよくわかります。

さらに乾燥地帯に多くの雨が降ることで、燃料である植物が増え、大規模火災につながることもあります。

例えば2011年には、数カ月間でオーストラリア中央部の40万km以上が焼失しました。

日本の国土面積が約38万kmであることを考えると、この火災がどれほど深刻なものか理解できますね。

そしてこの大規模火災は、2010~2012年にかけて生じたラニーニャ現象による降水量の増加と重なっているのです。

現代では、異常気象の影響でますます火災が発生しやすくなっています。

では、これらの火災問題を解決する方法はあるのでしょうか?

フィッシャー氏は、オーストラリア先住民の知恵で火災をコントロールできる」と述べます。

次ページ「燃やして」火災をコントロールする

<

1

2

>

地理のニュースspot news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!