ゴリラの顔が非対称になる原因は近親交配かもしれない
ゴリラの顔が非対称になる原因は近親交配かもしれない / Credit:Depositphotos
biology
Facial asymmetry in mountain gorillas likely tied to inbreeding https://phys.org/news/2022-02-facial-asymmetry-mountain-gorillas-tied.html
Facial asymmetry tracks genetic diversity among Gorilla subspecies https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2021.2564

2022.02.27 Sunday

ゴリラに増えてきた顔の非対称化は近親相姦が原因だった

多くの国では近親婚が制限されており、近親相姦もタブー視されています。

また近親相姦は、単に倫理的な問題だけでなく、「先天異常の子供が生まれやすい」という遺伝的な問題もあります。

では、近親相姦を続けることで、実際にどんな影響があるのでしょうか?

最近、フランス・ボルドー大学(Bordeaux University)に所属するケイト・マクグラス氏ら研究チームは、マウンテンゴリラの顔が対称ではなくなっている原因は、近親交配である可能性が高いと発表しました。

近親交配を続けたゴリラは、骨格が徐々に歪んでしまったというのです。

研究の詳細は、2022年2月23日付の科学誌『Proceedings of the Royal Society B』に掲載されました。

ゴリラの顔の左右非対称性の原因は近親交配かもしれない

顔面が左右非対称になる原因は?
顔面が左右非対称になる原因は? / Credit:Depositphotos

これまでの研究で、ルワンダの自然保護区に生息するマウンテンゴリラの顔が歪んできたと報告されています。

時間の経過とともに、左右非対称な顔をもつゴリラが増え、その非対称性も大きくなってきたのです。

科学者たちは当初、この原因は環境ストレスにあると考えていました。

また別の科学者は、片方の歯で物を噛むクセが原因だと考えたようです。

しかし今回、研究チームは「保護区で生活するマウンテンゴリラは、一生のうちほとんどストレスを感じておらず、咀嚼との関係性も見いだされなかった」と述べています。

そもそも顔の非対称性は、1970年代初頭のゴリラから見られるようになったとのこと。

ここ数十年で見られた変化なのです。

マウンテンゴリラの左右非対称な頭蓋骨
マウンテンゴリラの左右非対称な頭蓋骨 / Credit:Kate McGrath(Bordeaux University)et al., Proceedings of the Royal Society B(2022)

そこで研究チームは、顔面非対称性のルーツを探るため、過去100年間に収集された40体のマウンテンゴリラの頭蓋骨を調査しました。

そして同じ調査を、イースタンローランドゴリラとウエスタンローランドゴリラでも実施。

その結果、非対称性は次の順番で強いと分かりました。

  • 1位:マウンテンゴリラ
  • 2位:イースタンローランドゴリラ
  • 3位:ウエスタンローランドゴリラ

興味深いことに、この順番は「個体数の少ない順番」とも一致しています。

つまり個体数が少ないゴリラほど、顔が歪んでいたのです。

そのため研究チームは、「近親交配が顔の非対称性を大きくしている」と結論付けました。

マウンテンゴリラは個体数が少なくなってきたため、どうしても近親交配が多く行われるようになり、その結果、左右非対称の顔が増えている、というのです。

では、これらの結果は、人間にも当てはまるのでしょうか?

次ページ近親相姦で顔が歪んでいく?

<

1

2

>

生物学のニュースbiology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!