赤外線の放射を利用した夜間発電に成功
赤外線の放射を利用した夜間発電に成功 / Credit:Depositphotos
technology

熱帯夜の放射熱で発電する「夜間ソーラー」技術!

2022.05.20 Friday

‘Night-time solar’ technology can now deliver power in the dark https://newsroom.unsw.edu.au/news/science-tech/night-time-solar-technology-can-now-deliver-power-dark?utm_source=reddit&utm_medium=social New Kind of ‘Solar’ Cell Shows We Can Generate Electricity Even at Night https://www.sciencealert.com/engineers-measure-the-potential-of-a-new-kind-of-solar-cell-fueled-by-the-night
Thermoradiative Power Conversion from HgCdTe Photodiodes and Their Current–Voltage Characteristics https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsphotonics.2c00223

これまで多くの科学者たちが、「夜間の太陽光発電」を考案・研究してきました。

オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学(UNSW)に所属するニコラス・J・エキンス・ドークス氏ら研究チームもこの分野にチャレンジしています。

そして最近、暗視スコープに利用されている材料を使って、赤外線放射を利用した夜間発電機の開発に成功。その結果を報告しました。

現段階では僅かな電力しか生成できませんが、将来さまざまな分野で活躍する可能性を秘めています。

研究の詳細は、2022年5月9日付の科学誌『ACS Photonics』に掲載されました。

赤外線を捉えて発電する

赤外線カメラの画像。物体や人から赤外線が放射されているのが分かる。
赤外線カメラの画像。物体や人から赤外線が放射されているのが分かる。 / Credit:Nicholas J. Ekins-Daukes(UNSW)_’Night-time solar’ technology can now deliver power in the dark(2022)

赤外線は人間の目に見えませんが、全ての物体からその温度に応じた量が放射されています。

この赤外線を利用したものが暗視スコープです。

赤外線センサが赤外線を受信して電気信号に変換。その情報を可視化に役立てているのです。

そして今回の研究では、赤外線センサに使われている素材「HgCdTe(テルル化カドミウム水銀)」を採用。

HgCdTe自体は既によく知られている素材ですが、これを夜間発電機として応用したのです。

熱放射ダイオード
熱放射ダイオード / Credit:Nicholas J. Ekins-Daukes(UNSW)_’Night-time solar’ technology can now deliver power in the dark(2022)

研究チームは、新しく開発した半導体デバイスを「thermoradiative diode(※この記事では’熱放射ダイオード’と表現する)」と呼んでいます。

チームによると、「熱放射ダイオードが、放射される赤外線から電力を生み出す」というのです。

では熱放射ダイオードは、どのように利用され、またどれほどの電力を生み出してくれるのでしょうか?

次ページ夜間に僅かな電力を生成!今後の発展に期待

<

1

2

>

テクノロジーのニュースtechnology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!