ソーシャルメディアから来る不安や憂鬱な気持ちを解消するには?
ソーシャルメディアから来る不安や憂鬱な気持ちを解消するには? / Credit:Depositphotos
psychology
A Simple One-Week-Long Break From Social Media Can Improve Your Health https://scitechdaily.com/a-simple-one-week-long-break-from-social-media-can-improve-your-health/ Just a Week‑Long Break From Social Media Can Reduce Anxiety, Depression: Study https://theswaddle.com/even-a-week-long-break-from-social-media-can-reduce-anxiety-depression-study-finds/
Taking a One-Week Break from Social Media Improves Well-Being, Depression, and Anxiety: A Randomized Controlled Trial https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/cyber.2021.0324

2022.05.28 Saturday

ソーシャルメディアを1週間休止すると不安や抑うつ症状を軽減できる

現在、Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアに疲れている人が増えています。

そのため「SNS断ち」や「ソーシャルメディアを1年間やめてみた」という話題が盛んに上るようになってきました。

とはいえほとんどの人は、そこまで極端な行動をとれません。

心身共に健康でいたいものの、ソーシャルメディアを完全に手放すことは多くの人にとって難しい行為です。

しかし、SNS断ちはほんの短期間だけでも十分効果を発揮する可能性が出てきました。

イギリス・バース大学(University of Bath)健康学部に所属するジャエフリー・ランバート氏ら研究チームが、ソーシャルメディアの利用を1週間だけでも休止すると、不安や抑うつ症状を大幅に軽減できると報告したのです。

研究の詳細は、2022年5月10日付の学術誌『Behavior, and Social Networking』に掲載されました。

1週間の「ソーシャルメディア・オフ期間」を設けるべき

多くの人が実感しているように、ソーシャルメディアの利用は、私たちのメンタルヘルスに負の影響を与えます。

では、ソーシャルメディアに疲れを感じている人は、その利用をやめることで症状が改善するのでしょうか?

ソーシャルメディアの使い過ぎは、メンタルヘルスに悪影響を与える
ソーシャルメディアの使い過ぎは、メンタルヘルスに悪影響を与える / Credit:Depositphotos

以前の研究では、TikTokもしくはFacebook単体の利用時間を減らしたり、利用をやめたりすることで、不安や抑うつ症状がいくらか改善されたと報告されています。

とはいえこれらの結果は、利用時間が自己申告制だったり、調査対象が1つのアプリだけだったりと、いくらか制限のあるものでした。

そこでランバート氏ら研究チームは、利用者の多いソーシャルメディア4つ(Facebook、Instagram、Twitter、TikTok)すべてを1週間やめることで得られる効果を確かめることにしました。

つまり、ソーシャルメディアを短い期間完全に断つことにはどのようなメリットがあるのか調べたのです。

まずチームは、毎日ソーシャルメディアを利用している18~72歳の参加者154人を集めました。

参加者たちは研究開始時点で、週に平均8時間をソーシャルメディアに費やしていたようです。

そして彼らを「ソーシャルメディアの利用を中止するグループ」と「通常どおり利用し続けるグループ」に分け、1週間後のメンタルヘルスにどのような違いが生まれるか調査しました。

1週間のソーシャルメディア・オフ期間が不安や抑うつ症状を解消してくれる
1週間のソーシャルメディア・オフ期間が不安や抑うつ症状を解消してくれる / Credit:Depositphotos

その結果、1週間休止したグループは、そうでないグループと比べて、不安や抑うつ症状が大幅に軽減されました。

参加者の多くが、一時的にソーシャルメディアから離れることで、気分の改善を実感したのです。

ランバート氏は、「ソーシャルメディアを毎日休みなく使用し続けることが問題」だと指摘。

そして、ソーシャルメディアを一生断つなどの極端な行動をとるのではなく、オンとオフを意識するよう勧めています。

もし今、自分がソーシャルメディアにどっぷりと依存していたり、疲れや不安、ストレスを感じたりしているのであれば、1週間だけソーシャルメディアを使わない「オフ期間」を導入すると良いでしょう。

きっと気分が大きく改善し、自分やソーシャルメディアに対してバランスの取れた見方を取り戻せるはずです。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!