ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した驚くべき宇宙の画像た地
ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した驚くべき宇宙の画像た地 / Credit:JAMES WEBB SPACE TELESCOPE
space
JAMES WEBB SPACE TELESCOPE Image Resources https://webbtelescope.org/resource-gallery/images BREAKING: Five New Incredible Images Released From The JWST https://www.sciencealert.com/breaking-five-new-incredible-images-released-from-the-jwst

2022.07.13 Wednesday

稼働を開始したジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影した「驚くべき宇宙画像」

NASAの次世代の宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)」の運用が開始され、驚くべき深宇宙の撮影画像を次々と公開しています。

今回はその美しい宇宙の画像を紹介します。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の驚くべき4つの宇宙画像

これまでNASAのハッブル宇宙望遠鏡も息を飲むような宇宙の画像を撮影し、私たちを驚かせて来ましたが、新たに運用が開始された次世代の宇宙望遠鏡であるジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、さらに驚くべき宇宙の姿を明らかにしてくれています。

今回はNASAが公開した4つの画像は、もちろん画像処理によりに着色されたもので、肉眼に見えるそのままの姿ではありませんが、それは神秘的な宇宙の姿をと複雑な構造を可視化した素晴らしいものです。

まだ私たちの知らない宇宙の新しい映像を見てみましょう。

46億年前の銀河団「SMACS0723」

46億年前に出現した銀河団SMACS0723
46億年前に出現した銀河団SMACS0723 / Credit:WEBB,Webb’s First Deep Field Unveiled (NIRCam Image)/IMAGE: NASA, ESA, CSA, STScI

これは、JWSTが撮影した遠方の深宇宙の鮮明な赤外線画像で46億光年離れた場所にある銀河団です。

つまりここに写る銀河団の姿は地球が誕生した頃の姿ということになります。

ここにはこれまで赤外線観測された中でも、もっとも暗い天体を含む何千もの銀河が写っています。

これは地球上から肉眼で見た場合、夜空の中で砂粒程度の領域しか占めていません

ハッブル宇宙望遠鏡の捉えることのできるもっとも深い領域を超える深度で、宇宙を撮影することに成功しています。

これは数十時間を使ったさまざまな波長の撮影の複合から作成されていて、撮影には数週間の時間を要したといいます。

この画像の中にはいくつかの引延されたような銀河の姿が見えると思いますが、これは銀河団の重力レンズ効果によって、より遠方の銀河が写り込んでいるためです。

ステファンの五つ子銀河

ステファンの五つ子銀河
ステファンの五つ子銀河 / Credit:WEBB,Stephan’s Quintet (NIRCam and MIRI Composite Image)/IMAGE: NASA, ESA, CSA, STScI

これはペガスス座方向にある近接した銀河の姿です。

五つ子と呼ばれてはいますが、実際に近接しているのは画像右側にある4つの銀河で、これらは地球から約2億9000万光年の距離にあります。

右側に浮かぶ銀河「NGC 7320」だけ他の4つの銀河とはかなり離れていて、地球にずっと近い約4000万光年の位置にあります。

4つの近接した銀河は、宇宙のスケールから見るともう衝突状態の銀河と呼んでいい状態で、こうした近接した銀河はクエーサーなどの超大質量ブラックホールの形成に関連していた可能性もあります。

この画像は1億5000万ピクセルを超えるもので、約1000の個別の画像ファイルから構成されています。

次ページ美しい星雲たち

<

1

2

>

宇宙のニュースspace news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!