シロアリ「婚活で野垂れ死ぬより同性選びます」
シロアリ「婚活で野垂れ死ぬより同性選びます」 / Credit:OIST,シロアリ―生き残りをかけた同性カップル誕生の秘訣
insect
シロアリ―生き残りをかけた同性カップル誕生の秘訣 https://www.oist.jp/ja/news-center/press-releases/37740
Ancestral sex-role plasticity facilitates the evolution of same-sex sexual behavior https://www.pnas.org/doi/10.1073/pnas.2212401119

2022.11.16 Wednesday

2022.11.15 Tuesday

シロアリ「婚活で野垂れ死ぬくらいなら同性婚を選ぶ!」

同性カップリング能力は生き残るために進化したようです。

日本の沖縄科学技術大学院大学(OIST)で行われた研究によれば、シロアリが求愛期間に同性同士でカップリングするのは、生き残るため、あえて選択されたものだと判明した、とのこと。

これまでシロアリたちの同性カップルは性別の勘違いから起きてしまった不幸な事故であると考えられていましたが、研究者たちが詳しく調べたところ、シロアリたちは明らかに異なる性を「演じている」ことがわかったのです。

しかし、いったいどうしてシロアリたちは異性を演じてまで、カップルになろうとしていたのでしょうか?

研究内容の詳細は2022年11月8日に『PNAS』にて公開されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

多くの人々が混乱した「モンティ・ホール問題」! 直感に逆らう確率問題の原因は?

巣から旅立ったシロアリたちの一部は同性カップルを作る

巣から旅立ったシロアリたちの中には同性カップルを作るものがいる
巣から旅立ったシロアリたちの中には同性カップルを作るものがいる / Credit:OIST,シロアリ―生き残りをかけた同性カップル誕生の秘訣

上記の写真を見て白くないじゃんと思った人もいるかもしれませんので、最初に今回対象となるヤマトシロアリについて説明します。

シロアリとは別に必ず身体が白い昆虫というわけではありません。ヤマトシロアリの体色は黒色です。

またシロアリは名前にアリと入っていますが、アリの仲間ではなくゴキブリの系統に属する昆虫です。

シロアリと言いつつ、白くもなくアリでもないので注意しましょう。

ただ、シロアリはアリやハチと同じく社会性のある昆虫で王や女王がおり、恋の季節になると巣を飛び立ち結婚相手を探して新しいコロニーを築きます。

結婚相手がみつかったシロアリ(ヤマトシロアリ)たちは、上の図のように、前後(メス前・オス後)に並んで歩くという独特の求愛行動をとりつつ移動します。

このメス前・オス後は非常に息のあった行動であり、もし後ろのオスがはぐれてしまった場合には、メスはちゃんと立ち止まってオスのパートナー待ち、その間にオスは必死に前を歩いていたメスを探し始めます。

ですが以前から、このような前後並びのシロアリカップルの中に、一定数の同性カップルが存在していることが知られていました。

シロアリに限らず生物は稀に同性カップルを作ることが知られています。

その原因に対する有力な説は「性別の誤認」です。

シロアリに限らず、多くの生物は決められた期間の間に相手をみつけなければならないため、焦った一部のおっちょこちょいが「誤って同性同士でカップルになってしまう」と考えられているのです。

しかしシロアリにかんしては前述の通り、カップルになった際メスが前、オスが後になる求愛行動を行うことが知られています。

そのため本来ならば、メス同士のカップルならば互いに先頭に立とうとし、オス同士のカップルならば互いに後ろにつこうとして、上手く前後に並んで移動することが難しいハズです。

にもかかわらず、観察された同性カップルの多くが混乱することなく前後に綺麗にならんでおり、異性カップルと見分けをつけるのは難しくなっていました

そこで今回、沖縄科学技術大学院大学の研究者たちは、シロアリたちの同性カップルが本当に誤認によるものか、それとも意図的なものであるかを調べることにしました。

実験では前後に連なって歩いている同性カップルの強制的な引きはがしが行われました。

するとメス同士のカップルを引き離した場合、後ろを歩いていたシロアリが前を歩いているハズのパートナーを必死に探す様子が観察されました。

これは典型的なオスの行動特性です。

またオス同士のカップルを引き離した場合には、前を歩いていたほうが立ち止まり、後ろのパートナーを待ちました。

こちらは逆にメスの行動特性です。

次に研究者たちは同性カップルなったシロアリたちが異性を演じなかった場合をシミュレーションで検討することにしました。

すると異性を演じなかった場合、いったん2匹が離れてしまうとカップルが再開する可能性が低下したり、再びカップルになるのに長い時間を要する結果になりました。

つまり、異性を演じ続けない限り、そもそも同性カップルの状態を持続できなかったのです。

これらの結果は、同性カップルとなったシロアリたちはパートナーの性別を誤ってしまっていたのではなく、自ら進んで異性の動きを演じていたことを示します。

しかしそうなると気になるのが、理由です。

なぜ同性カップルとなったシロアリたちは、自ら進んで異性を演じるようになったのでしょうか?

次ページ異性を探して野垂れ死ぬより同性カップルで落ち着いたほうがいい

<

1

2

>

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

昆虫のニュースinsect news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!