まるでスライムのように皮膚が伸びる「ニュータイプの錯覚」を発見!
まるでスライムのように皮膚が伸びる「ニュータイプの錯覚」を発見! / Credit: canva
psychology
⼼の⽪膚はどこまでも伸びる?スライムを使った新しい「からだの錯覚」を発⾒︕ https://www.nagoya-cu.ac.jp/press-news/11221000/
The slime hand illusion: Nonproprioceptive ownership distortion specific to the skin region https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/20416695221137731

2022.11.26 Saturday

気分はルフィ?皮膚がゴム人間のように伸びる「スライムハンド錯覚」を発見

新たに見つかった錯覚を利用すれば、気分はルフィに?

名古屋市⽴⼤学⼤学院 芸術⼯学研究科のチームは、鏡の裏に手を隠した状態で皮膚を引っ張ると同時に、鏡の表に像として映るスライムを引き伸ばすことで、手の皮膚が平均30センチも引き伸ばされる感覚が得られることを発見しました。

手足そのものに働く錯覚は以前から知られていましたが、皮膚のみに選択的に作用する錯覚は今回が初めてです。

この成果は、近未来のメタバース空間において、身体をより自由に変形させられるアバターの開発に役立つかもしれません。

研究の詳細は、2022年11月15日付で学術誌『i-Perception』に掲載されています。

ナゾロジーチャンネル動画公開中

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない!?

皮膚は心理的にどこまで伸びるのか?

メタバース空間において、ユーザーは好みの姿のアバターを分身とし、より自由度の高い身体を操ることが期待されます。

それこそ、現実では叶わないトップアスリート並の運動能力や超人的な身体変形を体感できるかもしれません。

一方で、心理的なキャパシティを超えた無理のある変形(たとえば、バギーのように体をバラバラに分離するとか?)は、現実の身体との自己同一性を維持することが困難になります。

自己同一性が失くなれば、アバターを自分の身体のように感じることもできないでしょう。

そこで「私たちの身体各部が心理的にどの程度の変形(錯覚)に耐えられるのか」を明らかにすることが課題となっていました。

しかし、現在の錯覚研究のメインストリームは、手足・指・頭といった「⾻格としての⾝体」を心理的に改変しようとするものです(たとえば、手足や指そのものを伸ばす錯覚)。

残念ながら、皮膚にのみ焦点を当てた変形錯覚、すなわち「皮膚としての身体」を心理的に改変する研究は報告されていませんでした。

アバターと実際の体との自己同一性を失わない程度の錯覚を見つける必要性
アバターと実際の体との自己同一性を失わない程度の錯覚を見つける必要性 / Credit: canva

そこで研究チームは2021年に、皮膚感覚を心理的に改変できるかどうかを調べる実験を実施。

まず、被験者の手を鏡の裏に置いた状態で、実験者がその手の甲の皮膚部分を引っ張ります。

それと同じタイミングで、鏡の表に置いたスライムも引っ張り上げ、被験者がその鏡像を見ることで皮膚が伸びる感覚が生じるかどうかを実験しました。

その結果、被験者は自分の皮膚がスライムのように極端に引き伸ばされる感覚を得たのです。

また、2022年2月に東京で行った公開実験では、体験者の96%(95⼈中91⼈)が⽪膚の伸⻑感覚を強烈に感じるという結果が得られました。

研究チームは、この新たな心理作用を「スライムハンド錯覚」と名付けています。

実験の様子
実験の様子 / Credit: 名古屋市⽴⼤学 – ⼼の⽪膚はどこまでも伸びる︖ スライムを使った新しい「からだの錯覚」を発⾒︕(2022)

さらに、その後の実験で、手の甲の側面部(小指側)にスライムハンド錯覚を行ったところ、被験者の86%が皮膚の強い身長感覚を抱いたと報告しました。

他方で、手そのものが移動した感覚は77%が否定しています。

加えて、身体各部の主観的な位置変化を計ってみたところ、40センチのスライムの伸長に対し、被験者は平均して約29センチの皮膚伸長を感じていました。

先行研究によると、手指そのものの心理的な変形量は平均5〜10センチであることから、皮膚はそれをはるかに凌駕する変形錯覚に耐えうると考えられます。

ちなみに対照実験として、スライムを引っ張らずにスライドさせるだけの条件では、皮膚の伸長感覚を覚えた被験者は27%に留まり、錯覚を起こすには「伸長」という同期運動が重要であることが示されました(下図)。

主観的な皮膚の伸びは平均29センチに達した
主観的な皮膚の伸びは平均29センチに達した / Credit: 名古屋市⽴⼤学 – ⼼の⽪膚はどこまでも伸びる︖ スライムを使った新しい「からだの錯覚」を発⾒︕(2022)

以上の結果は、「⽪膚としての⾝体」の錯覚が「⾻格としての⾝体」に比べ、より遠⽅まで伸び縮みできることを⽰唆するものです。

この知見は、メタバース空間において、ユーザーの分身であるアバターの身体を従来考えられていたよりも、さらに大胆に変形させられる可能性を示しています。

皮膚がよく伸びることはメタバースでどんな楽しみを私たちに与えてくれるでしょうか?

たとえば、指の間の皮膚を伸ばして水かきをつくり、魚と同じスピードで泳いでみたり、脇腹の皮膚を伸ばして、フクロモモンガのような飛行能力が得られたりするかもしれません。

みなさんのおかげでナゾロジーの記事が「Googleニュース」で読めるようになりました!
Google ニュースを使えば、ナゾロジーの記事はもちろん国内外のニュースをまとめて見られて便利です。
ボタンからダウンロード後は、ぜひフォローよろしくおねがいします。
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

人気記事ランキング

  • TODAY
  • WEEK
  • MONTH

心理学のニュースpsychology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!