幽霊はなぜ科学的に証明できないの?ある物理学者の回答

supernatural 2018/06/23
Credit: thealternativedaily

「幽霊」の存在は証明できる?

あなたは「幽霊」を信じますか?

世界中には多くの「幽霊信者」が存在していると同時に、断固としてその存在を認めようとしない人たちもいます。

そういった人々が幽霊の存在を認めない理由は単純明快。「幽霊の存在を証明するものがない」からです。

しかし、本当に証明することができないのでしょうか。この問いに対し、ある物理学者が本気の回答をしています。彼によれば、幽霊の存在など「ありえない」ものなのです。

 

「幽霊」VS「物理学者」

Credit: GYLo on Visual hunt / CC BY-ND

マンチェスター大学の物理学者ブライアン・コックス教授は、現在の物理学のモデルでは「幽霊の存在」について説明できないと主張します。彼の理論には2つの柱があります。1つは「熱力学」に関するものであり、もう1つが「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」に関するものです。

 

「熱力学第二法則」との矛盾

コックス教授によれば、「幽霊」といった概念は「熱力学第二法則」と矛盾します。熱力学第二法則は「エントロピー増大則」について示したものであり、これは簡単に言えば「熱エネルギーが失われれば、物事は秩序を失っていく」といったもの。そして、いったん秩序を失ったものは外部から何らかの形で「熱エネルギー」を加えられない限りは元の状態に戻ることはありません。

幽霊も、人の目に見えている限りは何らかの「熱エネルギー」がそこに発生しているはず。そして、仮にそうであれば幽霊は「エントロピー増大則」に従ってすぐに拡散してしまうはずです。孤立したシステムが「熱エネルギー」を得ることなしに同じ状態を保つことはありえないのです。

「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」で検出できないものはない

コックス教授のもう1つの主張はこうです。もし幽霊が存在しているのであれば、幽霊を構成する物質が「CERN(欧州原子核研究機構)」が所持する「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」において検出されているはずだというのです。

どういうことかと言えば、もし肉体の物理的な情報を持たない幽霊が存在しているとしても、LHCで検知できなければそれは「存在している」とはいえないといったことです。

 

このように「幽霊」の存在を真っ向から否定する科学者がいます。

一方で、いわゆる「見える」と主張する人が多く存在していることも事実。物理の法則にもまだ不明な点や矛盾点も多く、昔の常識は常に崩されてきました。そう考えれば、この真相は「誰にもわからない」と結論付けるのが最も正しいのでしょう。

 

via: thealternativedaily / translated & text by なかしー

 

関連記事

「幽霊の見え方」は宗教によって違う。宗教改革が心霊現象に与えた影響

私たちは見えないものが「見えて」いる? 宇宙と光の物語

「前世の記憶をもつ子どもたち」知らないはずのことを知っていた5つのケース

SHARE

TAG

supernaturalの関連記事

RELATED ARTICLE