science technology

本当に体に良いの? ココナッツオイルにまつわる5つの嘘

2021.01.27 Wednesday

2018.03.01 Thursday

ココナッツは、熱帯地方の食物で何千年前も前から食べられています。たとえば、ココナッツの果肉、お湯で果肉を浸したココナッツミルク、またココナッツ水などがあげられます。

ココナッツオイルは、今やセレブやブロガーの間でも大変な人気です。
医療価値あるとされ、インターネットでも反響となりましたが、実際科学的にも効果があるのでしょうか。

 

1.体重を減らす?

研究では、ココナッツオイルが体重の減量を助けることは証明されていません。
しかし何百というインターネットサイトで、ココナッツオイルは体脂肪を取り除く特別な働きをするといった間違った記述が多く見られました。
それはMCT(Medium Chain Triglyceride)として知られる中鎖脂肪酸油と、ココナッツオイルが同じものとして考えられたからです。

通常の食用油とは異なり、MCTは水に可溶性であり、もともとは酵素が不足した栄養失調の人のためにチューブに入れて食べていました。
血液に吸収される他の脂肪とは異なり、MCTオイルは肝臓に直接吸収されます。そのため、他の脂肪とは違い、すぐにエネルギーとして利用されるのです。

MCTが体重を減らす作用がある証拠があります。初めのうちは、吐き気、腹痛、下痢などの副作用がある可能性があるからです。
多くのインターネットサイトでは、MCTオイルの効果がココナッツオイルにも適用されると考えていますが、それは間違っています。
このMTCオイルとココナッツオイルは全く別の製品で、代わりに摂取することは不可能なのです。

MTCは、カプリル酸とカプリン酸の2つの脂肪酸で構成されています。ココナッツオイルにもこれらの脂肪酸は少量含まれていますが、主にラウリン酸という脂肪酸です。
ラウリン酸は、肝臓では消化されず、他の食用油の脂肪酸と同じように体内で消化され代謝されます。

植物繊維が多いココナッツ果肉を少しだけ食べることで、食事全体の量が減れば体に良いのですが、ココナッツオイルを含む様々な脂肪の研究では、飢餓、満腹感、満足感等の食事による利点はないとされています。

 

<

1

2

3

4

5

6

7

8

>

サイエンス&テクノロジーのニュースscience technology news

もっと見る

役立つ科学情報

注目の科学ニュースpick up !!