ナゾロジー@twitterで購読

地球のナゾをワクワク探検!新しい発見が見つかるサイエンスメディアです!

植物は「おさわりNG」だった。遺伝的防衛反応が明らかに

animals_plants 2018/12/22
Credit: La Trobe University
Point
■植物は、人や動物に「タッチ」されたり、あるいは植物同士が触れ合う場合においても遺伝的防衛反応を起こし、その成長が抑制される
■研究で使われたシロイヌナズナにおいては、タッチの30分後にゲノムが10%変化していたことが確認された
■この研究を応用して、タッチを嫌がらない「育ちやすい農作物」が開発される可能性がある

ラ・トローブ大学主導の研究により、植物が「触られること」に対して非常に敏感であることが明らかになりました。そして人間や他の動物が繰り返し「タッチ」を続けてしまえば、その成長が著しく妨げられてしまうこともあるとのことです。

Mitochondrial Function Modulates Touch Signalling in Arabidopsis thaliana

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/tpj.14183

触った後にゲノムが「10%」も変化

人間だけでなく、他の動物や昆虫が触れた場合、さらには植物同士がほんの軽く触れ合ったときにも植物が「遺伝的防衛反応」をみせることで、その成長を遅らせてしまうことがあるといいます。研究を率いたジム・ウィーラン教授は、「触られた30分後には、植物のゲノムは10%変化していました」と述べ、「触ること」の驚くべき影響力について語っています。

さらにウィーラン教授は、タッチが繰り返されれば植物の成長は最大30%抑制されることも明かしています。なぜここまで植物が「触られること」を嫌がるようにできているのかについて完全に解明されたわけではありませんが、この研究は植物の遺伝的防衛のメカニズムへの理解を深めるものです。さらに研究が進めば、特定の植物に対してその敏感さを減少させたり、適切な成長を促すなどのアプローチができる可能性もみえてきます。

「おさわりOK」な植物は作れるのか?

研究に用いられた植物はシロイヌナズナであり、研究者らは柔らかい絵筆で触った後に、その生物学的な反応について分析しました。シロイヌナズナは遺伝学のモデル植物として広く使われおり、ここに示された結果は他の多くの植物や農作物に対しても応用ができることが考えられます。

研究の次なるステップは、農作物において「タッチへの敏感さ」をテストして、タッチによる成長抑制効果の少ない種を生み出すことです。しかし、植物の遺伝的防衛のメカニズムが完全に解明するまでは、その応用については慎重な姿勢が求められます。なぜなら、タッチへの敏感さを取り除いた種は「重要な防衛メカニズムを取り除いた」と言い換えられることも考えられ、その場合には農作物が病気に対して著しく弱体化してしまうような事態も起こりかねないからです。

 

よく育つ植物の作り方が分かれば農業に革命が起こる可能性もあるため、この研究には非常に大きな意義があります。しかし前述のリスクを踏まえれば、そんな「おさわりOK」の植物が開発されるのは、まだ少し先のこととなりそうです。

 

IKEAが実験! 「いじめた植物」と「褒めた植物」で成長の差が歴然

 

referenced: phys.org / written by なかしー / edited by Nazology staff

SHARE

TAG