意外?中国とインドの植樹によって地球の緑化が進んでいたことが明らかに

society 2019/03/04
中国とインドがみるみる緑色に…! / Credit: NASA
Point
■中国とインドは多くの「植樹」を実施しており、地球は20年前と比べて緑化が進んだ
■しかしこの緑の増加をもってしても、森林破壊によるダメージを相殺することができない
■ 地球の表面の高解像度画像を提供してくれるNASAのツール、「MODIS」が稼働を始めたことによりこの事実が明らかとなった

中国とインドといえば、国力・技術力ともにメキメキと成長率を伸ばす新興国。しかしその様な国につきものである「大気汚染」も問題となっております。

そんなイメージには反するかもしれませんが、NASAが関与した新たな研究が、中国とインドの植樹により世界の緑が20年前と比べて増加していることを示しています。

China and India lead in greening of the world through land-use management
https://www.nature.com/articles/s41893-019-0220-7.epdf?

研究によれば、2000年代から毎年5%も緑が増加しているとのこと。これは200万平方マイル(約32億平方キロメートル)以上に相当するものであり、アマゾン熱帯雨林を上回る規模の面積です。特にインドは、植林で1日5000本の世界記録を保持している国でもあります。

しかし研究者いわく、これだけ植物が増加しても、森林破壊のダメージを相殺するのに十分な量ではないようです。

はじめて地球の緑化について分かったのは、地球の軌道を回る2つの人工衛星が高解像度の地球表面の画像を提供してくれるNASAのツール「MODIS」が稼働を始めた1990年代半ばのことです。

研究者らは、この最新の発見を、未来における気候変動の予測モデルをはじき出す上で考慮に入れることが重要であると述べています。

一方アメリカはというと、2017年に気候変動への国際的な取り組みを決めたパリ協定を離脱しています。温暖化などを防止するにあたり、経済大国アメリカの協力は不可欠。今後アメリカをはじめとする世界各国が、温暖化についてどう取り組んでいくのかで、地球の寿命が変化するかもしれません。

【編集注 2019.3.7】
記事内容に一部誤りがあったため、修正して再送いたします。

気温上昇で自殺が増えているという研究結果

reference: dailymail, bbc, forbsv/ written by なかしー 

SHARE

TAG

societyの関連記事

RELATED ARTICLE