どう見てもクトゥルフじゃ? イギリスで4億3,000万年前の棘皮動物の化石がみつかる

biology 2019/04/11
Credit: Elissa Martin/Yale Peabody Museum of Natural History
Point
■イギリスで約4億3,000万年前の生物の化石がみつかり、それがクトゥルフのような生物であったことが判明
■その生物はウニやナマコと同じ棘皮動物であり、触手のような足で移動や獲物の捕獲をおこなう
■触手の構造から、かつてはナマコと同じ進化のライン上にいた可能性が高いと考えられる

なかなかの触手感…。

イギリスで新たに見つかった4億3,000万年前の生物の化石が、45本の触手のようなチューブ状の足を持ち、海底をはい回っていた生物のものであったことが判明しました。

その名も「Sollasina cthulhu」。ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説に登場する、多くの触手をもつモンスター「クトゥルフ」から由来するものです。

A new ophiocistioid with soft-tissue preservation from the Silurian Herefordshire Lagerstätte, and the evolution of the holothurian body plan

https://royalsocietypublishing.org/doi/full/10.1098/rspb.2018.2792

ウニやナマコと同じ棘皮動物

その化石は、イギリスのHerefordshire Lagerstätteで見つかりました。化石化した古代の海洋生物の宝庫として知られる場所です。その生物は小さく、およそ「大きなクモ」と同じくらいのサイズであり、ウニやナマコ、ヒトデと同じ棘皮動物に分類されます。

また、中でもその生物は絶滅した棘皮動物のグループの1つである蛇函綱(じゃかんこう)に属しています。高解像度の物理光学トモグラフィーを用いて生物を3Dで再現してみたところ、ほぼすべての棘皮動物にみられ、かつては知られていなかった内部の「水管系」の存在が明らかになりました。

各レイヤーごとの写真を撮影して、数百のスライス画像を組み合わせると、デジタル化された3D「ヴァーチャル化石」が完成します。これにより、Sollasina cthulhuの中に水管系の存在が確認され、さらにそれがウニよりはナマコに近いものであることも明らかになりました。

ウニよりもナマコに近い

化石そっくり…アーティストの描いた「クトゥルフ」/Credit:BenduKiwi from Wikipedia

研究をおこなったイェール大学の古生物学者デリック・ブリッグス氏は「水管系は、彼らがふだん移動や獲物を捕えるときに用いる触手のような組織を動かしているものです。棘皮動物のチューブ状の足は裸ですが、蛇函綱のものは板(はん)に覆われています。

この研究の結果、蛇函綱が現在のナマコにつながる進化のラインから分岐したものである可能性がかなり強まったといえるでしょう」と語っています。

研究者いわく、その姿かたちについて、Sollasina cthulhuの体を組み立てる際にナマコの骨組みが少しずつ変わっていったものであることが分かったとのことです。

 

「クトゥルフ神話」のクトゥルフといえば、ミステリアスで少しクールなイメージがありますが、今回見つかった生物はナマコの仲間なんですって。そう思うとどこか可愛いらしいものに見えてきますね。

南大西洋を大横断!?4本足のクジラの化石がペルーで発見される

reference: futurity / written by なかしー

SHARE

TAG

biologyの関連記事

RELATED ARTICLE