北海道と本州を二分する「ブラキストン線」とは
北海道と本州を二分する「ブラキストン線」とは / Credit: canva
spot

ヒグマは北海道にしかいない。 北海道と本州では生息する動物がちがう理由を知っていますか?

reference: 『自然のしくみがわかる地理学入門』(水野一晴著、ベレ出版、2015)
2020.11.29 Sunday

自然豊かな日本は、生息する動物の種類もさまざまです。

しかし、同じ日本列島でも北海道と本州では、住んでいる動物が大きく違うのがわかります。

これは一体なぜなのでしょう?

また近縁種でも、本州より北海道の動物の方が大きいのはなぜでしょうか?

日本列島はどうやってできた?

日常生活では気づきませんが、地球上の大陸は長い年月をかけて常に動きつづけています。

日本列島も最初から今の場所にあったのではなく、遠いところから移動してきました。

プレートに乗ったサンゴ礁や陸地のかけら、海山などが北上し、アジア大陸の南北にくっついたのです。

その後、日本海が少しずつ開いていき、日本列島が大陸から離れて、現在のような島国となりました。

これがおよそ1500万年前のことです。北海道と本州もこのときに誕生しました。

日本列島
日本列島 / Credit: jp.depositphotos

このように地球の陸地は、プレートの移動や気候変動により大きくその姿を変えています。

現に今でも日本は動いており、約8000万年後にはハワイとくっついてしまうのです。

それでは、北海道と本州で生き物がちがうのはなぜでしょう?

次ページ北海道と本州をわける「ブラキストン線」ってなに?

<

1

2

3

>

地理spot

もっと見る

Special

注目pick up !!