大麻の起源が「花粉」の研究によって明らかに

animals_plants 2019/05/24
Credit: pixabay

Point

■マリファナの花粉の化石を調査することで、その起源に迫ることに成功した

■これまでその起源が「中央アジア」であることは分かっていたが、詳細な場所までは特定できていなかった

■その後大陸移動などを経て、マリファナはヨーロッパや中国、インドへと分散していったと考えられる

そんなところで…?

なにかと最近世間を騒がせがちなマリファナ(大麻)だが、ついにその起源が明らかとなった。約2800万年前、海抜10,700フィート(約3キロメートル)のチベット高原で誕生したというのだ。

研究は「Vegetation History and Archaeobotany」に掲載された。

Cannabis in Asia: its center of origin and early cultivation, based on a synthesis of subfossil pollen and archaeobotanical studies

https://link.springer.com/article/10.1007/s00334-019-00731-8

マリファナの「花粉」を調査

研究者が分析をおこなったのはマリファナの花粉の化石であり、花粉は数千年の期間をかけて、チベット高原からヨーロッパや中国、インドに分散していたことが明らかになった。

マリファナが中央アジアに起源を持つことは長く知られていたが、その詳細な場所については謎に包まれたままであった。そして今回の発見により、そのミステリーが解決したこととなる。

Credit: pixabay / チベット高原

米国バーモント大学の研究チームは、アジアにおけるマリファナの歴史に関連する人間の行動や、その進化についての理論を再構築するために、155の花粉の化石に関する研究を調査した。

そして彼らは、化石の遺伝的な分析をおこなった研究を調べることで、マリファナの起源についての場所と年代を特定することに成功したのだ。

大陸移動によって各地へ

研究者らは分析に基づき、大陸の移動によりそれぞれの陸地が近づいたことにより、まずはヨーロッパ、そして中国、インドと続くようにマリファナが生息地を広げていったことを明らかにした。

研究では、インドとアジアの初期における植物相の交換は、プレート・テクトニクスによってもたらされたことが語られている。

Credit: pixabay

また、これまでマリファナの起源を追うことが非常に難しいとされてきたのは、その「葉」が状態の良い化石を残してこなかったことに起因しており、現存するマリファナの葉の化石は、今のところ2つしか確認されていない。しかし葉とは対象的に「花粉」の化石は大量に見つかっており、研究ではそこにフォーカスが当てられたのだ。

こんなものいっそ生まれてこなければ…と思う常用者もいるかもしれないが、世界的にみればマリファナは合法化の流れが強い。ビジネス的にも市場が大きいと言われているこのホットな植物が、今後日本でもどのように扱われていくのかに注目だ。

コケの成分に医療用大麻より優れた効果がある可能性

reference: dailymail / written by なかしー

SHARE

TAG

animals_plantsの関連記事

RELATED ARTICLE