年代物のスコッチ・ウィスキーの4割がニセモノだったことが「核実験の影響」で判明

chemistry

Credit:depositphotos
point
  • 年代物スコッチウィスキーの偽物を炭素年代測定で明らかにする研究が発表された
  • 炭素年代測定に用いられる炭素14は、1950年以降、核実験の影響で濃度が高くなっている
  • このため1950年以降のウィスキーは正確に年代が特定できたが、結果4割のヴィンテージが偽物だった

年代物のウィスキーを愛好する人は、お酒好きに多いかもしれません。

けれど、オークションや転売で購入するような年代物のウィスキーは、本当にそのラベル通りの年代なのでしょうか?

2018年だけでも、英国のオークションで販売されたスコッチ・ウィスキーの合計額は約4000万ポンド(約57億円)といわれていて、もっとも高額なボトルは「1926年 Macallan Valerio Adami」で1億円以上の値段で取引されました。

しかし、取引されている年代物のスコッチ・ウィスキーの中には相当数の偽造品があると言われています。

偽造スコッチはもはや偽札並みの大問題なのです。

しかしこれまで、ウィスキーの蒸留年を特定することは非常に困難でした。

そこで新しい研究では、忌むべき偽造ヴィンテージ・ウィスキーを駆逐するべく正しい年代を調査。

その結果、冷戦時代に乱発された核実験の影響から、ウィスキーの蒸留年を炭素年代測定できるようになりました

この研究は、英国スコットランド大学連合環境研究センター(SUERC)のGordon Cook教授を筆頭とした研究チームより発表され、ケンブリッジ大学が発行する放射性炭素年代測定に特化した科学雑誌『Radiocarbon』に1月8日付けで掲載されています。

USING CARBON ISOTOPES TO FIGHT THE RISE IN FRAUDULENT WHISKY
https://doi.org/10.1017/RDC.2019.153

炭素年代測定ってなに?

今回活躍したのが、よく化石や地層の年代調査に用いられる炭素年代測定です。

炭素14という炭素の放射性同位体を利用して、どのくらい時間が経ったものかを調べることができます。

同位体とは、通常の元素より中性子数が多い元素のことです。

原子の化学的性質は陽子の数で決まっています。中性子は電荷を持たない粒子で、この数が増えても原子は重くなるだけで化学的な性質が変わりません。

通常の炭素は、陽子6個、中性子6個の計12個の粒子で原子核が構成されていますが、炭素14は陽子6個、中性子8個の計14個の粒子で原子核が作られます。

重い原子は不安定なため、放射性崩壊を起こしてより安定した状態へ変化しようとします。炭素14はベータ崩壊によって余分な中性子が電子やニュートリノを放出して陽子に変わり、炭素より1つ陽子の多い元素、窒素14に変わります。

Credit:tsukubascience

放射性崩壊は量子力学的な現象なので、確率に支配されています。どの原子がいつ崩壊するかはわかりませんが、ある一定期間の間に崩壊する原子の数は確率で明らかにできます

この不安定な同位体の半数が崩壊して、別の安定した原子に変わるまでの期間が「半減期」です。炭素14の半減期は5730年です

炭素14は、上層大気内に含まれる窒素14が宇宙線を浴びて変異することで生まれます。化学的な性質は普通の炭素と変わらないので、酸素と結びついて二酸化炭素になり、重くなったために地上へ降りてきます。

そして、植物に光合成のために吸収され、その植物を動物が食べると、生き物の中に蓄積されるというわけです。

Credit:butakabon

こうして炭素14は植物や動物の中に蓄積されます。ただし炭素14が生成されるのはまれな現象なので、その数は全炭素の内、約1兆分の1%しか存在しません

例えばある化石の炭素14が、この化石に含まれる全炭素から推定される濃度の4分の1しかなかった場合、それは化石の中に炭素14が取り込まれてから2回の半減期が過ぎていることを意味します。

つまりこの化石の年代は(5730年*2=11460年)以上昔のものだと推定できるのです。

Credit:東濃地科学センター

こうした方法で、炭素年代測定は物質の年代を特定するのです。

核実験とヴィンテージウィスキー

炭素年代測定は、炭素14があまりに微量な物質なので、かなり難しい測定方法でした。ところが、この炭素14の濃度がある時を境に急上昇したのです。

それが、冷戦時代の黒歴史、核実験です。

日本ではビキニ水着の語源にも成っている、漁船の第5福竜丸が巻き込まれたビキニ環礁の核実験を連想する人も多いでしょう。

こうした大気圏内の核実験は1963年に部分的核実験禁止条約が締結されるまでに、実に502回も行われたと言われています。

この影響で、大気中の炭素14の濃度が大きく増加したのです。

Credit:Library of Congress/United States Department of Defense

この炭素14は、ウィスキーの材料となる大麦の中にも蓄積しました。研究チームはこの大麦から1950年以降の炭素14の濃度変化をデータベース化していました。

そして、このデータを元にすることで、本来なら、炭素年代測定を行うことが難しい少量のウィスキーでも、1950年以降のものならば蒸留年を誤差1〜3年で特定できるようになったのです。

ウィスキーは瓶のガラス質や、ラベルの紙質、酒の化学分析から年代の真偽についてある程度判別することは可能でした。しかし、蒸留年を特定する方法は、これまでなかったのです。

1863年蒸留のラベルが付いたタリスカー。潮と磯の香りのスパイシーな味わいが特徴。口に含むと柑橘系の酸味と甘味が感じられる。スカイ島の銘酒。だが測定の結果は…/Credit:SUERC

上の画像は研究で炭素年代測定が試された1863年蒸留と記載されたスカイ島の銘酒「タリスカー」です。しかし、炭素年代測定の結果、中身は2005年以降の蒸留でした

他にも研究者たちは、様々なヴィンテージウィスキーを調査しましたが、1964年のアードベッグのボトルはおそらく1995年以降の蒸留で、1903年とラベリングされていたラフロイグは、2011年以降の蒸留という結果でした。

研究チームが過去3年間で分析したヴィンテージウィスキーは、その40%が最近蒸留された偽物でした。

これは由々しき問題ですね。ヴィンテージウィスキーを購入される方は、これからは炭素年代測定のお墨付きをもらったものを購入しましょう。

ちなみに、筆者が好きなのはピートの効いたアイラ島のスコッチです。「やっぱ30年は違うね!」なんてドヤ顔で飲んでいた、あのラフロイグは蒸留されて数年のものだったんでしょうか…。

米国の天才少年、史上最年少の12歳で自宅に核融合炉を製作する

reference:livescience,chemistrycommunity,SUERC/ written by KAIN
あわせて読みたい

SHARE

TAG