ヨガは週1でも体内のGABAを増やし「うつ病」を減らすと判明

life 2020/02/07

Credit:depositphotos
point
  • 毎週ヨガを行なったうつ病患者たちは、うつ症状に改善がみられた
  • 週に1度ヨガを行なうだけで、GABAレベルを高い状態に維持できる

「身体と心に良い」とされるヨガは世界中で人気です。

以前はヨガがもたらす生理学的効果が明確にされていませんでしたが、現在では研究によって広く実証されており、新しい研究によっても証拠が積み重ねられています。

そして今回、ボストン大学医学部のチームの新しい研究によって、ヨガが体内のGABAを増加させることが分かりました

GABAにはうつ状態を緩和する効果があるため、定期的なヨガによってうつ病が改善される可能性があります。

新しい研究は「Journal of Alternative and Complementary Medicine」に掲載されました。

Thalamic Gamma Aminobutyric Acid Level Changes in Major Depressive Disorder After a 12-Week Iyengar Yoga and Coherent Breathing Intervention
https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/acm.2019.0234

うつ病患者へのヨガ実施

Credit:depositphotos

うつ病は特別な病気ではなく、いつ誰がなってもおかしくありません。現在でも世界中の3.5億人がうつ病で苦しんでいます。

そのため、うつ病治療に関する研究はさまざまな分野で行なわれており、神経伝達物質として作用するアミノ酸である「GABA」が、抑うつ症状の軽減に効果があることも判明しています。

今回うつ病の対策として「ヨガ」に着目した研究者たちは、その効果を調べるために、ヨガを行なわせた患者たちのGABAレベルを測定。

研究では、30人のうつ病患者のグループを2つのグループに分け、それぞれのグループに1回90分間のアイアンガーヨガ(代表的なヨガの一種)とその呼吸を実践させました。

3ヵ月の間、片方のグループには週3回、もう片方のグループには週2回ヨガを行なわせ、ヨガ前後で脳のMRIスキャンを受けさせました。

週1のヨガはうつ病治療に効果的

Credit:depositphotos

3か月後、両方のグループにGABAレベルの上昇とうつ症状改善が認められました。

また、MRI分析によると、最後にヨガを行なった日から4日後にはGABAレベルは向上したままでしたが、8日後にはヨガを開始する前のレベルにまで戻っていました

これらの結果により、「ヨガの後のGABAレベルの増加は約1週間継続する」ことがわかります。加えて、GABAレベルの上昇効果は薬物療法と同様、「期間限定」であることも判明しました。

ヨガを週1でも続けていくなら、常にGABAレベルを高い状態に保つことができ、うつ状態を改善させることができるのです。

もちろん、他の軽い運動も、うつ症状を改善するために勧められていることです。

「ヨガ」と「他の運動」の効果の違いについては様々な意見がありますが、今回の研究では「ヨガがうつ病改善に効果的である」ことが神経生物学的に実証されたのは確かです。

今後も、このようなエビデンスの積み重ねによって、ヨガに対する認識が確立されていくでしょう。

運動は朝食前がベスト。健康維持には空腹時のエクササイズが効果的と判明

reference: Boston University School of Medicine / written by ナゾロジー編集部
あわせて読みたい

SHARE

TAG